今日のニュース

気になったニュース

大阪北部で震度6弱 3人死亡、広範囲で被害

f:id:obaco:20180618122020j:image

停車した車両から歩いてホームに向かう乗客(18日午前、大阪市北区
 18日午前7時58分ごろ、大阪府北部で震度6弱を観測する強い地震があった。気象庁によると、震源の深さは13キロで地震の規模はマグニチュード(M)6.1。広い範囲で人的・物的な被害が生じており、大阪市と同府高槻市茨木市で計3人が死亡し、90人超がけがをした。近畿圏では鉄道運休が相次ぎ、水道管の損傷や断水、ガスの供給停止が起きるなど都市機能がまひ。企業活動に影響が出ている。

 大阪府内で震度6以上を記録したのは1923年に現在の形で観測を始めてから初めて。この地震津波の心配はない。

f:id:obaco:20180618122239j:image

コンビニでは陳列してあった酒瓶が落ち破片が散乱した(大阪府茨木市)

 気象庁によると、南海トラフへの影響はないとみられるが、同庁は「今後2~3日は規模の大きな地震が発生することが多くある」と注意を呼びかけている。地震の規模は当初、M5.9と速報したが修正した。

 警察庁などによると、高槻市で死亡したのは市立寿栄小学校の4年生女児(9)で、登校中に倒れてきた学校のプールの壁の下敷きになった。大阪市東淀川区では80代男性が家屋の倒壊に巻き込まれ死亡。茨木市では男性(85)が自宅で倒れてきた本棚の下敷きになり死亡した。

 総務省消防庁によると午前11時30分現在、大阪、京都、兵庫、滋賀の2府2県で負傷者が91人出ている。大阪府兵庫県で住宅、工場など計21件の火災が発生した。

 JR東海と西日本によると、東海道新幹線は設備点検の影響で米原―新大阪間で運転を見合わせた。山陽新幹線は新大阪―岡山間の上下線で運休しており、再開のめどは立っていないという。

 在来線も近畿圏の広い範囲で運転をとりやめた。阪急電鉄阪神電鉄などの私鉄各線や大阪メトロなどで運休が相次ぎ、鉄道ダイヤに大きな乱れが出ている。

 全日空日本航空によると午前11時20分現在、地震の影響で大阪国際(伊丹)空港発着便を中心に計38便が欠航。関西国際空港神戸空港は定刻通り運航している。

 関西電力によると、大阪府兵庫県で一時計約17万戸が停電。大阪ガス高槻市茨木市の一部で約10万8千戸のガス供給を停止した。ビルやマンションなどのエレベーターへのとじ込め、水道管破裂も相次いだ。


西日本高速道路(NEXCO西日本)は大阪府中心のエリア、阪神高速道路は全線でそれぞれ点検のため通行止めにしている。事故や被害の情報は入っていない。

2018/6/18 11:59    日経新聞