今日のニュース

気になったニュース

藤井五段が棋戦最年少優勝、朝日杯 中学生初の六段に

準決勝では羽生竜王破る

f:id:obaco:20180217191449j:image

優勝トロフィーを手に笑顔を見せる藤井聡太新六段(17日午後、東京都千代田区

 将棋の史上最年少プロの藤井聡太五段(15)が17日午後、東京都千代田区有楽町朝日ホールで指された第11回朝日杯将棋オープン戦の決勝で広瀬章人八段(31)を破って優勝した。15歳6カ月での棋戦優勝は最年少記録で、中学生での優勝は史上初。今回の優勝で規定により同日付で昇段。史上最年少で中学生初の六段になった。

 全棋士が参加する朝日杯は持ち時間が各40分の早指し戦で、優勝賞金は750万円。決勝戦の対局終了後、藤井五段は「早指し棋戦で時間がないので、勢い良く行こうと思った。全棋士参加の棋戦の優勝という大きな結果を出せて自信になった」と喜びを語った。

 これまでの棋戦優勝の最年少記録は1955年に加藤一二三・五段(当時)が今は催されていない「六・五・四段戦」で樹立した15歳10カ月だった。藤井五段は昨年6月には、将棋界最多の29連勝を達成し、30年ぶりに連勝記録を塗り替えている。
 藤井五段は同日朝から同所で指された準決勝で、羽生善治竜王(47、棋聖)との公式戦初対局に勝ち、決勝に進出していた。敗れた羽生竜王は対局終了後、「(藤井五段の)しっかりとして落ち着いた指し回しは安定感があった。持ち時間が短い中でも、冷静に一手一手指していた」と藤井五段をたたえた。

2018/2/17 17:52    日経新聞