今日のニュース

気になったニュース

平昌オリンピックが開幕 最多の92カ国・地域が参加

f:id:obaco:20180210111036j:image

開会式が始まり、花火が上がった=9日夜、平昌五輪スタジアム、白井伸洋撮影

 第23回冬季オリンピック競技平昌(ピョンチャン)大会は、9日午後8時からの開会式で開幕した。1988年にソウル夏季大会を開催した韓国では初めての冬季五輪で、アジアでの開催は72年の第11回札幌大会、98年の第18回長野大会に続く3回目となる。
 平昌五輪は、北朝鮮が核開発を進めるなど日本や韓国、米国との緊張感が高まる中、国際政治情勢も強く反映された。開催国の韓国は北朝鮮と統一旗を掲げて「コリア」として入場。国家ぐるみのドーピングが認定されたロシアの選手は、「ロシアからの五輪選手(OAR=Olympic Athlete from Russia)」として個人資格で参加した。日本の安倍晋三首相は開会式への出席に先立ち、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と首脳会談を行い、慰安婦問題をめぐる日韓合意の着実な履行を求めた。

 政治問題に揺れる国での冬季大会に、最多の92カ国・地域から2900人を超える選手が臨む。

 日本は、冬季五輪史上最多の8大会連続出場となったノルディックスキー・ジャンプ男子の45歳、葛西紀明土屋ホーム)が旗手を務めた。主将となったスピードスケート女子の小平奈緒(相沢病院)らは屋外の寒さを懸念して欠席した。前回のソチ大会を上回り、海外開催の冬季五輪では最多となる124選手(男子52人、女子72人)が参加する。

 開会式では、フィギュアスケート女子で2010年バンクーバー五輪金メダル、14年ソチ五輪銀メダルを獲得した金姸児(キムヨナ)さんが聖火台に点火した。

 大会は25日までの17日間で、7競技、史上最多の102種目が行われる。(平昌=後藤太輔)

2018年2月9日22時18分    朝日新聞デジタル