今日のニュース

気になったニュース

台湾地震の死者12人に 「発生72時間」、捜索続く

f:id:obaco:20180210113804j:image

損壊した「雲門翠堤大楼」で続く捜索活動(9日、台湾・花蓮市)=共同

 【花蓮=共同】台湾東部花蓮県を襲った地震で、台湾当局は9日、死者が2人増えて12人になったと発表した。震源地に近い同県花蓮市では、損壊して大きく傾いた複合ビル「雲門翠堤大楼」に閉じ込められているとみられる人たちの捜索活動が続いた。
 台湾当局によると9日午後、複合ビル内のホテルに泊まっていたカナダ籍の夫婦をがれきの中から発見したが、死亡が確認された。台湾メディアによると、2人は抱き合った状態で見つかった。

 9日深夜には被災者の救命率が著しく下がる「発生後72時間」となり、救助は時間との闘いになっている。負傷者は270人超で、中国籍の旅行客とみられる5人と連絡が取れていない。

 日本政府が派遣した専門家チーム7人も捜索活動を支援。団長は「生存者を助けたいという思いで、少しでも貢献したい」と述べた。

 台湾の救助隊は、日本のチームが持ち込んだがれきの上から生命反応を探知する高性能の器材を使い、生存者がいないか捜索。作業に入る前に、日本の専門家から熱心に使い方を聞く多くの隊員の姿が見られた。

 6日夜の地震発生以降、余震は200回を超え、救出活動は度々中断を余儀なくされるなど難航している。

2018/2/9 21:05    日経新聞