今日のニュース

気になったニュース

数年に1度の強い寒気 日本海側で大雪警戒

 気象庁は24日、強い冬型の気圧配置が続き、数年に1度レベルの非常に強い寒気が流れ込むため、北日本(北海道、東北)から西日本の日本海側を中心に大雪や暴風雪、高波に警戒するよう呼び掛けた。雪崩、吹きだまりによる交通障害にも注意が必要としている。

 気象庁によると、山形、福島、新潟各県で、24日午前までの24時間降雪量が50センチ以上となった所がある。

 発達した低気圧が日本の東を北へ進み、別の発達した低気圧も日本海北部を北西へ進んで、日本付近は冬型の気圧配置が強まっている。北日本や北陸の上空約5千メートルに氷点下36度以下の寒気が流れ込んでおり、強い冬型の気圧配置は27日ごろにかけて続く見込み。太平洋側でも25日にかけて大雪の恐れがある。

 25日午前6時までの24時間予想降雪量は、多い所で北陸100センチ、東北、関東甲信、東海80センチ、近畿60センチ、北海道、中国40センチ、四国15センチ。日本海側の海は大しけとなる所がある見込み。

2018/1/24 9:34    日経新聞