今日のニュース

気になったニュース

閑散とする富岡八幡宮、初詣客「神様に罪ない」

f:id:obaco:20180103120112j:image

例年のにぎわいが見られず、参拝客がまばらな参道(2日、富岡八幡宮で)

 昨年12月に女性宮司(58)が刺殺された富岡八幡宮(東京都江東区)では、新年を迎え、例年通り初詣が行われた。

 ただ、参拝客の数は大幅に減っており、2日に同八幡宮を訪れた人たちからは「早くにぎわいが戻ってほしい」との声が広がった。

 1627年創建の同八幡宮は「深川の八幡様」として親しまれ、正月は例年、多くの人でにぎわっていた。参拝客によると、これまでは鳥居の外まで行列ができ、社殿にたどり着くまで30分待ちの年もあったが、今年はほとんど待つことなく参拝できたという。

 初詣で30年以上通っているという同区枝川の会社経営の男性(61)は「今までにないほど閑散としていてびっくりした。悲惨な事件だったので、その影響で来ない人も増えたのではないか」と驚いた様子。

 結婚式や子どもの七五三など、人生の節目で同八幡宮を訪れてきたという川崎市の教員の男性(57)は「神様に罪はない。今後もこの地に残り続けてほしい」と話していた。

 同八幡宮では昨年末、氏子らを招いて、敷地内や事件現場でおはらいをした。広報担当者は2日、「お客さまはかなり減ってしまい、残念だ」とため息をつく。近くの生花店では事件後、日々の売り上げが例年の半分までに減ったといい、店主の女性(80)は「早く人出が戻ってほしい」と語った。

2018年01月03日 07時08分    Copyright © The Yomiuri Shimbun