今日のニュース

気になったニュース

野生のサル、都内北上か

f:id:obaco:20171211155553j:image

 港区や新宿区で8日までに、サルの目撃情報が相次いだ。5日に大田区で姿が確認され、捕獲されていないサルが逃げ回っているとみられ、各区は「人に危害を与える恐れがあるので、近寄らずに戸締まりを徹底してほしい」と呼びかけている。

 「動物園でしか見たことがなく、びっくりした」

 港区港南の集合住宅3階に住む女性(74)は7日午前8時過ぎ、自宅のベランダに座るサルを見つけた。網を持った警察官が駆けつけて捕獲を試みたが、サルは手すりをつたって逃げたという。r

f:id:obaco:20171211155831j:image

集合住宅のベランダに現れたサル(7日、港区で)(住民提供)

 港区によると、区内では8日も朝から目撃情報が相次ぎ、午前8時40分頃には、同区六本木のスペイン大使館付近で見つかった。その後、新宿区の新宿御苑でも確認された。

 神奈川県などによると、10月中旬に平塚市でサルが目撃された後、厚木、鎌倉、川崎市でも見つかっている。同じサルが同県内を移動し、都心にたどり着いた可能性が高いという。同県自然環境保全課の担当者は「丹沢地域に生息するニホンザルではないか」と推測する。

 サルの調査研究などを行っている「日本モンキーセンター」(愛知県)の高野智・主席学芸員(43)によると、オスのニホンザルは4~5歳で群れを離れ、森を移動するといい、このサルがオスだった場合、「森に帰れなくなったのではないか」と推測する。高野学芸員は「目を合わせたり、餌を与えたりしないよう注意してほしい」と指摘している。

2017年12月09日    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

都内で目撃のサル ついに都心へ 紅葉の名所にも

東京都内を1匹で動き回るサルが相次いで目撃されていますが、8日は、さらに都心に移動し、港区六本木にあるスペイン大使館や、紅葉を楽しむ人たちでにぎわう新宿御苑に姿をあらわし、警察などが捜索に当たりました。
サルの目撃情報は、8日も朝早くから相次いで寄せられ、午前7時すぎには、東京タワーにほど近い港区三田の小学校の近くでサルが通学路を歩いているのを保護者が見つけました。

そして午前8時すぎには、港区六本木にあるスペイン大使館の警備員から「屋根の上にサルがいる」と通報があり、警察官や区の職員が敷地内を捜索しました。

スペイン大使館の向かいにあるスウェーデン大使館の職員のヨハンソン弘美さんは、「警察が大勢集まっていてサルがいることを聞きました。まさか大使館にサルが入ってくるとは思わずびっくりしました」と話していました。

サルは、その後も都心を北に向かって移動を続けたと見られ、午前11時すぎには、スペイン大使館から北西に3キロ離れた新宿御苑で新たに目撃情報が寄せられました。

新宿御苑は、ちょうど今が紅葉の見ごろを迎えていて、午後1時ごろにも、訪れていた人が敷地内の西側の森の中でサルを目撃したということです。

園を毎日訪れているという80歳の男性は、「新宿御苑でタヌキを見たことはありますが、サルが出たのは初めてです。おっかないので早く捕まってほしいです」と話していました。

園内でサルを目撃したという新宿御苑清掃班の斎藤貴之さんは、「利用者から連絡を受けてサルを探しにいったところ、見つからず、戻ろうと思ったら目の前をサルが歩いていきました。おとなのサルぐらいの大きさでした。襲われなくてほっとしています」と話していました。

警察や園の職員が捜索を続けていますが、これまでに発見には至っていないということです。警察などは、サルを見つけてもむやみに近づかないように注意を呼びかけています。
スペイン大使館「まさかサルが大使館に」
サルが目撃された東京・六本木のスペイン大使館の向かいにあるスウェーデン大使館の職員のヨハンソン弘美さんは、「警察が大勢集まっていてサルがいることを聞きました。まさか大使館にサルが入ってくるとは思わずびっくりしました」と話していました。
新宿御苑を訪れた人「サルは初めて」
サルが目撃された東京の新宿御苑を毎日訪れているという80歳の男性は、「新宿御苑でタヌキを見たことはありますが、サルが出たのは初めてです。おっかないので早く捕まってほしいです」と話していました。

また、園内でサルを目撃したという新宿御苑清掃班の斎藤貴之さんは、「利用者から連絡を受けてサルを探しにいったところ、見つからず、戻ろうと思ったら目の前をサルが歩いていきました。おとなのサルぐらいの大きさでした。襲われなくてほっとしています」と話していました。

12月8日 16時56分    NHKニュース

 

 

「サルが出た」今度は港区で相次ぐ 大田区から移動か

 東京都港区の都営住宅などで7日、サルの目撃情報が相次いだ。警視庁は、大田区などで目撃されたサルが移動してきたとみており、見つけた場合には近づいたりエサを与えたりしないよう注意を呼びかけている。
 高輪署によると、7日午前8時前から午後2時40分までに、港区港南1丁目などで「サルが出た」といった110番通報が5件あった。午前8時10分ごろと正午前には、港南3丁目の都営住宅の2階と3階のベランダに姿を見せたという。けが人の情報はない。

 川崎市幸区横浜市鶴見区では、11月下旬から今月5日までに、サルの目撃通報が約40件。大田区では5日から6日にかけて、20件以上の110番通報があった。同じサルが神奈川から都心に移動している可能性があるという。

2017年12月7日17時39分    朝日新聞デジタル