今日のニュース

気になったニュース

日本、安保理議長国に 北朝鮮問題など議論

 【ニューヨーク=高橋里奈国連安全保障理事会で日本は1日、議長国に就任した。年末に非常任理事国の任期を終える直前の大役となる。15日には河野太郎外相が議長を務める閣僚級会合を開き、北朝鮮の核・ミサイル開発問題を議論する。ミャンマーイスラム少数民族ロヒンギャの迫害問題やシリア危機など様々な国際問題の議論も主導する。

 15カ国で構成する安保理では1カ月ごとに議長国が替わる。非常任理事国の日本は12月に議長を務めた後に退任する。議長国は世界の安全保障問題についてテーマを選び、議論を主導できる。

 別所浩郎国連大使は1日、国連本部で会見し、「北朝鮮大陸間弾道ミサイルICBM)を発射して再び世界の注目を集めた。この問題を議論する必要がある」として15日に閣僚級会合を開くとした。米国のティラーソン国務長官も会合参加の意向を表明している。

 日米が求める対北朝鮮の圧力強化で議論をどこまで進められるかが焦点となる。別所氏は北朝鮮への追加制裁については安保理内で「異なる意見がある」とし、慎重な見方を示した。日本は「主要な3つのテーマ」として北朝鮮問題のほか、紛争で使われている小型武器と「国際平和と安全保障の複合的な課題」を主な議題に選んだ。

2017/12/2 6:55    日経新聞