今日のニュース

気になったニュース

車窓から銀座線「幻の駅」…ライトアップへ

f:id:obaco:20171130164622j:image

1972年に「表参道駅」と改称され、駅移設工事で使用されなくなった銀座線の旧神宮前駅。現在は資機材置き場として使われている=冨田大介撮影

 東京の地下に眠る“幻の駅”がよみがえる――。

 東洋初の地下鉄、銀座線が12月30日で開業90年を迎えるのを記念し、東京メトロは同月1日から、かつて使われていた「神宮前」「万世橋」の二つの駅を初めてライトアップする。18日まで、普段は暗闇の中で見えない両駅の姿を車窓から見ることができる。

f:id:obaco:20171130164724j:image

◆昔ながらの姿

 銀座線・表参道駅(東京都港区)から渋谷駅方面に約180メートル進んだところにあるのが、旧神宮前駅だ。

 同駅は1938年に開業し、名称が変わりながらも76年まで使われた。ホームの壁は昔ながらのタイル張り。東京メトロの全駅が禁煙となったのは88年のため、ホームの壁には、「すいがら入れ この下のミゾに捨てないでください」と書かれた看板がかかり、当時の雰囲気がそのまま残る。
2017年11月30日 15時05分    Copyright © The Yomiuri Shimbun