今日のニュース

気になったニュース

日馬富士が暴行認める 任意聴取、ビール瓶は否定

f:id:obaco:20171118132105j:image

任意の事情聴取を終え、両国国技館を出る日馬富士(17日午後、東京都墨田区

 大相撲の横綱日馬富士(33)=モンゴル出身=が鳥取市内で平幕の貴ノ岩(27)に暴行し負傷させた問題で、鳥取県警は17日、日馬富士を任意で事情聴取し、日馬富士は暴行を認めた。捜査関係者への取材で分かった。一連の問題では、貴ノ岩について内容の異なる2種類の診断書があったほか、暴行に関する関係者の証言に食い違いもある。県警は暴行内容や経緯の解明を急ぐ方針。
 県警の事情聴取は東京・両国国技館で行われた。聴取を終えた日馬富士は午後9時15分ごろ、国技館で車に乗り込んだ。口を真一文字に結び、硬い表情を崩さなかった。

 捜査関係者によると、日馬富士は10月25日夜から同26日未明にかけて滞在した鳥取市内の飲食店で、貴ノ岩の生活態度を注意した際、スマートフォンを操作しようとしたことに激怒し、貴ノ岩の頭部を素手で殴るなどしたとされる。日馬富士は県警の聴取に「ビール瓶では殴っていない」と説明したという。

 飲食店は繁華街の一角にあり、日馬富士らはちゃんこ料理店で会食後、2次会として来ていたという。10月29日に貴ノ岩の師匠の貴乃花親方(元横綱)が被害届を提出。貴ノ岩は11月12日初日の九州場所を休場した。

 貴ノ岩の診断結果を巡っては、これまでに右中頭蓋底骨折などの疑いとした福岡市内の病院の診断書の存在が明らかになっていたが、ほかにも問題の発生直後に受診した別の病院の診断書があり、内容が異なることが17日明らかになった。発生直後の診断結果は、福岡での結果に比べて症状が軽かったとみられ、この診断書は被害届と合わせて県警に提出された。

 暴行内容に絡んでも関係者の証言に食い違いが浮上。複数の同席者や関係者はビール瓶で殴ったと話しているが、同席していた横綱白鵬は「ビール瓶で殴っていない。報道とは実際にずれがある」と否定した。

 県警は既に貴ノ岩から事情を聴いたほか、都内や九州場所を開催中の福岡へ捜査員を派遣。現場となった飲食店などの関係者の聴取も始めている。詳しい事実関係を明らかにするとともに動機などの解明も進め、傷害容疑での立件の可否を検討する。〔共同〕

2017/11/17 23:53    日経新聞