今日のニュース

気になったニュース

「トランプ氏は狂犬、安倍氏は忠犬」北朝鮮、日米を非難

 北朝鮮の官営メディアは14、15の両日、相次いで日米両国の首脳を激しい言葉で非難した。韓国への批判は控える一方、中国共産党習近平(シーチンピン)総書記(国家主席)の特使が近く訪朝することも伝えた。

 15日付の労働新聞(電子版)は、トランプ米大統領が韓国国会で8日に行った演説について「我が国の存在を完全に否定した公然の宣戦布告」と非難。「極悪非道な悪口を述べた罪悪について、ひざまずいて謝罪すべきだ」とした。同氏を「不倶戴天(ふぐたいてん)の敵」と呼び、「狂犬がほえても驚く我々ではない」と訴えた。

 朝鮮中央通信は14日、安倍晋三首相がトランプ氏との6日の記者会見で、米政府の北朝鮮政策を支持したことについて「主人(米国)の対朝鮮敵視政策の実現の先頭に立つ忠犬のこざかしい振る舞い」と非難した。政府機関紙「民主朝鮮」も15日、安倍首相がトランプ氏の訪日の際、日本人拉致問題に触れたことについて「既に全て解決した拉致問題に執着した言いがかり」と非難した。

 一方、同通信は15日、習近平氏の特使として宋濤・中国共産党対外連絡部長が近く訪朝すると具体的な日時に触れずに伝えた。(ソウル=牧野愛博)

2017年11月16日09時15分    朝日新聞デジタル