今日のニュース

気になったニュース

北朝鮮軍、亡命兵士に40発以上発砲

f:id:obaco:20171114121336j:image

 【ソウル=岡部雄二郎】北朝鮮軍の兵士が南北軍事境界線を越えて韓国側に亡命した事件で、韓国軍合同参謀本部は14日、北朝鮮軍が亡命を防ぐため、兵士に向けて40発以上発砲していたことを明らかにした。

 合同参謀本部によると、兵士は13日午後3時15分頃、亡命を求めて北朝鮮側から境界線に向かって車で突進してきた。しかし途中で車輪が排水溝にはまったため、車から降り走って境界線を越えたという。その際、兵士は北朝鮮軍からの銃撃を受けて負傷した。

 聯合ニュースによると、兵士は京畿道水原キョンギドスウォン市の大学病院で5時間の手術を受けた。手術を担当した医師は、銃弾による傷は5、6か所で、内臓の損傷がひどいため、さらに手術が必要と説明している。兵士は人工呼吸器を付け安静にしているという。

 事件を受け、国連軍司令部は、休戦協定に基づく軍事停戦委員会の調査を開始したことを明らかにした。北朝鮮にも通告したという。

2017年11月14日 13時19分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

板門店で北兵士亡命…銃撃受け負傷、韓国保

 【ソウル=岡部雄二郎】韓国軍合同参謀本部によると、13日午後、韓国と北朝鮮軍事境界線上にある板門店パンムンジョムで、北朝鮮軍の男性兵士1人が境界線を越えて韓国側に亡命した。

 兵士は北朝鮮側から銃撃を受けて負傷しており、病院に搬送されて治療を受けている。

 韓国軍関係者によると、兵士は境界線から韓国側に約50メートル入った地点で、肩やひじにケガを負った状態で倒れているのが見つかり、韓国側が保護した。南北間で交戦はなかったが、兵士の発見直前、北朝鮮側で数発の銃声が確認されたという。

 軍事停戦委員会の会議室など重要施設が集まる板門店は、境界線を挟んで南北400メートル、東西800メートルに及ぶ「共同警備区域」(JSA)となっている。板門店に配属されている北朝鮮側の兵士は育ちが良く、忠誠心の高い人物が選抜されており、韓国側に亡命するのは珍しい。聯合ニュースによると、過去には、1998年2月と2007年9月に軍将校や兵士が亡命した例がある。

2017年11月14日 01時43分    Copyright © The Yomiuri Shimbun