今日のニュース

気になったニュース

希望共同代表に玉木氏…「小池路線」を踏襲

f:id:obaco:20171110121503j:image

希望の党の共同代表に決まった玉木雄一郎氏(10日午前11時49分、東京都千代田区で)=三浦邦彦撮影

 希望の党は10日午前、東京都内で両院議員総会を開き、国会議員団のトップを選ぶ共同代表選の投票を行った。

 玉木雄一郎衆院議員(48)が、大串博志衆院議員(52)を破って初の共同代表に選出された。

 党所属の国会議員53人が投票権を持ち、無記名投票で行われた。得票は玉木氏が39票、大串氏が14票だった。共同代表の任期は、小池代表(東京都知事)と同じ2020年9月までの約3年間。玉木氏は、都政に専念することを表明した小池氏に代わり、事実上、党のかじ取り役を担う。

 共同代表選の争点は〈1〉9条を含めた憲法改正論議の推進〈2〉安全保障関連法の容認――などの「小池路線」を踏襲するかどうかだった。玉木氏は「小池路線」の継続を主張し、細野豪志衆院議員ら結党メンバーを中心に、ベテランから若手まで幅広く支持を集めた。

 一方、大串氏は「脱小池」を念頭に9条改正への反対姿勢を打ち出し、安保関連法も容認しないと訴えたが、党内での支持は広がりを欠いた。

2017年11月10日 12時00分    Copyright © The Yomiuri Shimbun