今日のニュース

気になったニュース

トランプ氏、中国でツイッター…専用回線利用?

 【ワシントン=海谷道隆、北京=東慶一郎】中国を訪問中のトランプ米大統領は、インターネットの閲覧規制が厳しい同国でもツイッターへの投稿を繰り返し、変わらぬ「トランプ節」を披露している。

 中国では通常のネット回線でツイッターを使えないが、トランプ氏は、専用回線を使っているとの見方がある。中国当局が特別に規制を緩めている可能性もある。

 トランプ氏は、昨年の大統領選から1年となった8日に「圧勝させてくれた、すべての『嘆かわしい人たち』と多くの人たち、おめでとう!」と書き込んだ。「嘆かわしい人たち」とは、民主党候補だったヒラリー・クリントン氏が一部のトランプ支持者を批判的に形容した言葉だが、トランプ氏や支持者がそれを逆手に取り、結束の象徴として多用した言葉だ。また、習近平国家主席に故宮を案内された写真なども投稿している。
2017年11月10日 08時38分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

トランプ氏、中国でツイートどうやって?規制かいくぐる

 中国のみなさん、すばらしい歓迎をありがとう!――。訪中しているトランプ米大統領は8日夜、自身のツイッターでこうつぶやいた。中国のインターネットはツイッターなどの世界的なソーシャルメディアには接続できない。トランプ氏はこの規制をかいくぐって発信した模様で、どのように接続したのか関心を集めている。

 「中国ではツイッターフェイスブックなどのソーシャルメディアは禁止されているが、大統領はツイッターのアカウントに接続できる限りは発信する」。米政府高官は北京に向かう専用機で記者団にこう強調していた。

 中国で接続規制を回避するには、仮想プライベートネットワーク(VPN)を使うのが一般的。ただ、国際ローミングしている米国携帯の一部は中国内でもソーシャルメディアが使える。先の高官は、大統領がどのようにツイッターに接続するかは明らかにしなかった。(北京=峯村健司)

2017年11月9日11時58分    朝日新聞デジタル