今日のニュース

気になったニュース

まるで1枚の絵 ドウダンツツジ、晩秋の色づき

f:id:obaco:20171108114138j:image

ライトアップされたドウダンツツジ。托鉢(たくはつ)で訪れた僧侶が本堂で一服していた=5日、兵庫県豊岡市但東町、矢木隆晴撮影

 立冬の7日、兵庫県豊岡市但東町の安国禅寺で、真っ赤に紅葉したドウダンツツジの一般公開が始まった。本堂から眺めると、額縁に飾られた一枚の絵画のように見える。

 樹齢100年を超えるツツジは、裏庭の山の約10メートル四方に枝を伸ばしている。真田義永住職は「自然の恵みを受けて育った姿を見て欲しい」と話す。午後5時から同7時までライトアップされる。拝観料300円、中学生以下無料。19日まで。問い合わせは同寺(0796・54・0435)へ。(矢木隆晴)

2017年11月8日09時22分    朝日新聞デジタル