今日のニュース

気になったニュース

公式夕食会に元慰安婦招待、「独島エビ」料理も

f:id:obaco:20171108113032j:image

7日、ソウルの大統領府で夕食会に臨むトランプ米大統領(左)と韓国の文在寅大統領=ロイター

 【ソウル=水野祥】韓国の文在寅ムンジェイン大統領は7日夜、トランプ米大統領を歓迎する公式の夕食会を開いた。

 米韓両国の政府高官や企業経営者ら約120人が出席。元慰安婦の李容洙イヨンスさん(88)も招待され、トランプ氏と抱き合ってあいさつした。李さんは、最近公開された英語を学ぶ元慰安婦を主人公にした韓国映画のモデルとされ、米下院が2007年、慰安婦問題で日本に公式謝罪を求める決議を採択した際、議会で証言した。

 メニューには、島根県竹島の韓国名・独島トクトの名が付いた「独島エビ」を材料に使った韓国の伝統料理チャプチェも並んだ。独島エビは主に竹島周辺で取れる種で、価格は韓国産の一般的なエビの数倍。朝鮮日報(電子版)は「独島の領有権について我々が守ろうとする意思を米国側にアピールしようとする目的もあるようだ」と報じた。

2017年11月08日 08時55分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

トランプ氏歓迎の夕食会、元慰安婦招待 「独島エビ」も

f:id:obaco:20171108121018j:image

7日、韓国大統領府で開かれた夕食会で元慰安婦の李容洙(イヨンス)さん(右)を抱擁するトランプ米大統領。文在寅(ムンジェイン)大統領(左)が見守った=東亜日報提供

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が7日夜、トランプ米大統領らを歓迎するために青瓦台(大統領府)で催した夕食会に、日韓が領有権を主張する島根県竹島の韓国名を冠した「独島(トクト)エビ」を使ったメニューが出された。夕食会には元慰安婦の女性も招待された。

 大統領府の報道資料によると、「独島エビ」は春雨の炒め物の材料に使われた。竹島がある日本海で捕れたとされる。大統領府はねらいを説明していないが、米国側に竹島の領有権をアピールした可能性もある。

 夕食会に招かれた元慰安婦は、慰安婦問題をめぐる日韓合意の破棄を主張している李容洙(イヨンス)さん(88)。米国でも積極的に証言活動を行っている。夕食会でトランプ氏は李さんとあいさつを交わし、抱擁した。

 「独島エビ」の提供について、菅義偉官房長官は同日の記者会見で「どうかと思う」と不快感を示した。さらに「北朝鮮問題への対応に関し、日米韓の連携強化が求められている。緊密な連携に悪影響を及ぼすような動きは避ける必要がある」と述べた。

 元慰安婦の招待については「一昨年の(日韓)合意は慰安婦問題の最終的で不可逆的な解決について確認したもの。着実な実施が重要だ」と強調。竹島慰安婦を巡る日本の立場を外交ルートを通じて韓国側に伝えたことを明かした。(ソウル=武田肇

2017年11月7日22時17分    朝日新聞デジタル

 

 

米大統領、元慰安婦を抱擁=歴史問題クローズアップ-韓国

f:id:obaco:20171108123036j:image

7日、ソウルで、元慰安婦の李容洙さん(右)とあいさつするトランプ米大統領(EPA=時事)

【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は7日、国賓として訪韓したトランプ米大統領の歓迎夕食会に、元慰安婦の李容洙さんを招待した。韓国メディアによると、トランプ氏は文大統領と共に会場で李さんを出迎え、あいさつを交わし、握手したり抱き合ったりした。
「独島エビ」登場=トランプ氏夕食会に

 李さんは慰安婦問題をめぐる日韓政府間合意の撤回を求め、積極的に発言している。合意に批判的立場を取る文大統領としては、慰安婦など歴史問題の存在をクローズアップさせ、米政府の合意への支持切り崩しを図る狙いもありそうだ。
 李さんは、米議会で証言するため英語を学ぶ元慰安婦を主人公にした韓国映画「アイ・キャン・スピーク」のモデルとされている。韓国大統領府当局者は「トランプ大統領が訪問した日韓には慰安婦など歴史問題もある」と招待の理由を説明した。
 李さんは2007年2月、米下院小委員会で慰安婦の実態について証言するなど活発に活動。15年4月、安倍晋三首相が米議会で演説した際には、議事堂で傍聴した。15年12月末に発表された日韓合意については「公式謝罪と法的賠償を欠いている」と批判し、受け入れを拒否している。 
 文大統領は未来志向の日韓関係を目指す方針を打ち出しながらも、慰安婦合意に対しては「韓国国民の大多数は情緒的に受け入れられない」「元慰安婦の同意を得なければならないのに、その過程が欠けていた」と不満を表明。今年8月15日の日本の植民地支配からの解放記念日光復節の演説にも、李さんら元慰安婦を招いている。
 慰安婦問題では、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が「世界の記憶」(世界記憶遺産)への慰安婦関連資料の登録判断を先送りしたばかり。元慰安婦支援団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)」は「韓国外交が弱体化したためだ」と文政権批判を強めており、文大統領は、慰安婦問題に積極的に取り組む姿勢をアピールする必要に迫られている。

時事通信   (2017/11/07-23:23)