今日のニュース

気になったニュース

トランプ氏ツイッター停止に「永遠に停止して」

 米ツイッターは2日、トランプ大統領のツイッターのアカウントが同日、「人為的なミス」により、11分間利用できなくなったと発表した。

 同社によると、この日最後の勤務だった顧客担当の従業員が、退社前にアカウントを停止したという。トランプ氏は3日、ツイッターで「ならず者の従業員のせいで使えなくなった」と不満を示した。

 トランプ氏は自身の主張を発表する場としてツイッターを多用しており、4100万人以上のフォロワーがいる。短文のため説明が足りず、問題になるケースも少なくないことから、同社の発表に対して「永遠に停止してほしい」などの「要望」がツイッター上で相次いだ。(ロサンゼルス支局 田原徳容)

2017年11月04日 10時21分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

トランプ氏ツイッター、一時停止=最終出社日の従業員が実行

 【シリコンバレー時事】短文投稿サイトを運営する米ツイッターは2日、トランプ大統領のアカウントが11分間にわたって無効化されたと発表した。当初は「人為的なミス」と説明し、再発防止を約束したが、その後、この日が最終出社日だったカスタマーサポート部門の従業員が退社前に停止させていたと公表した。
 トランプ大統領のアカウントは米東部時間2日午後7時(日本時間3日午前8時)ごろに「存在しません」と表示されたという。大統領は自身の主張の宣伝や政敵批判にツイッターを多用。その内容は国際的な注目を集めており、約4170万人のフォロワーがいる。
 発表に対し、「11分間の平和をありがとう」「最高経営責任者にしろ」などと従業員を称賛する書き込みが相次いだ。一方、同社の内部管理体制を疑問視する声も出た。 

時事通信   (2017/11/03-16:41)