今日のニュース

気になったニュース

ロープ・結束バンドで拘束か…千枚通しも押収

f:id:obaco:20171101161629j:image

白石隆浩容疑者

 神奈川県座間市のアパート一室に男女9人の切断遺体が遺棄された事件で、室内から、ロープと結束バンド、千枚通しが押収されていたことが捜査関係者への取材でわかった。

 警視庁は、白石隆浩容疑者(27)(死体遺棄容疑で逮捕)が、遺体で発見された9人の殺害や拘束に使ったとみて、鑑定を進めている。

 捜査関係者によると、白石容疑者は同庁の調べに対し、「抵抗する女性らの首を絞めて気絶させた後で殺害し、浴室で遺体を切断した」と供述している。

 同庁は、発見されたロープと結束バンドで、気絶させた被害者を拘束していたとみている。

 室内には、遺体の切断に使われたとみられる、のこぎりもあった。のこぎりと千枚通しは殺害や遺体の切断などに使われた可能性があり、同庁で血液などの付着がないか調べる。

2017年11月01日 15時02分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

「10代少女数人を殺害」最初はカップルの女性

 神奈川県座間市のアパート一室に男女9人の切断遺体が遺棄された事件で、この部屋に住む無職、白石隆浩容疑者(27)(死体遺棄容疑で逮捕)が警視庁の調べに対し、「殺害した9人のうち数人は、10歳代後半の少女だった」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。

 ツイッターで複数のアカウントを使って誘い出していた。同庁は1日午前、白石容疑者を東京地検立川支部に送検した。

 捜査関係者によると、白石容疑者は調べに対し、発見された9人の遺体は、知人カップルと、ツイッターなどで知り合った7人の女性で、10歳代の少女も複数、含まれていたと説明している。同庁は遺体のDNA鑑定を行い、身元の確認を進めている。

 供述によると、座間市のアパートに転居した直後の8月末、知人カップルの女性を殺害したのが、最初の事件という。ツイッターで女性と知り合い、1度、女性の交際相手の男性を含め、3人で酒を飲んだことがあった。
2017年11月01日 15時00分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

白石容疑者、父親に「生きていても意味がない」

 捜査関係者によると、白石容疑者は事件前の今年6月、父親に「生きていても意味がない」と漏らしていた。

 白石容疑者は神奈川県内の高校を卒業後、職を転々としており、関係者によると、預金口座の残高が数千円の時もあったという。

 白石容疑者は高校卒業後の2009年4月から11年7月までの約2年間、高校時代からアルバイトをしていた県内のスーパーで正社員として働いていた。

 スーパーを辞めた後、職を変えながら、昨年は東京都新宿区歌舞伎町の職業紹介会社で働いていた。

 捜査関係者によると、同社は都内でスカウトした女性を風俗店に派遣する業務を行っており、白石容疑者は事務を担当。電話営業などの仕事をして、給与は月に20万円ほどだった。
2017年11月01日 15時06分    Copyright © The Yomiuri Shimbun