今日のニュース

気になったニュース

マンションベランダに白骨遺体 若い女性の可能性 大阪

f:id:obaco:20171027001318j:image

遺体が見つかったマンション=26日午後6時3分、大阪市阿倍野区昭和町1丁目、中村光撮影

 26日午後0時半ごろ、大阪市阿倍野区昭和町1丁目の7階建ての賃貸マンションで、「ベランダに布に包まれた人骨のようなものがある」と、訪問した家賃保証会社の職員から110番通報があった。捜査員が駆けつけたところ、2階の一室のベランダから白骨化した遺体が毛布にくるまれた状態で見つかり、大阪府警死体遺棄事件として捜査を始めた。

 捜査関係者によると、遺体の性別は女性とみられるという。この部屋には契約者の20代の男性と若い女性が一緒に住んでいたとの情報があり、府警は遺体がこの女性の可能性もあるとみて調べている。男性とは連絡が取れていないという。府警は男性が何らかの事情を知っているとみて行方を捜している。

 阿倍野署によると、この部屋はワンルームで、9月末に支払われるはずだった10月分の家賃が滞納されていた。契約者の男性と連絡が取れていなかったため、家賃保証会社の職員が10月23日に署員の立ち会いのもと、部屋の中を確認。その際、中には冷蔵庫とゴミなどが残されていただけで他に家財道具などはなく、荒らされた形跡はなかったという。26日朝、保証会社の職員が部屋の整理をするために改めて訪れ、同日昼ごろにベランダを確認し、遺体を見つけたという。

 現場は大阪市営地下鉄御堂筋線昭和町駅の東約50メートルの住宅街で、近くにスーパーや飲食店も立ち並ぶ。

 同マンションの別の階に住む40代の女性は「ワンルームマンションなので、一人暮らしの人が多く、現場の部屋にどんな人が住んでいたのかまったく知らない。今まで異臭や大きな音に気付いたことはないが、こんなところで事件が起きて怖い」。26日午後にマンションの前を通りかかった近所の40代の女性は「パトカーが止まっていて、規制線が張られていた。2階のベランダにも捜査員が5、6人いて、何が起きたのかと驚いた」と話した。

2017年10月26日21時09分    朝日新聞デジタル