今日のニュース

気になったニュース

「イスラム国」が処刑か、路上に128人の遺体

 【カイロ=倉茂由美子】英国拠点の民間団体「シリア人権監視団」は23日、イスラム過激派組織「イスラム国」が支配していたシリア中部ホムス県カルヤタインで、処刑されたとみられる市民ら128人の遺体が見つかったと発表した。

 カルヤタインは2015年に「イスラム国」に支配され、昨年、アサド政権軍が奪還。しかし今月上旬、「イスラム国」が勢力を盛り返して再び制圧し、政権軍が21日に再奪還した。

 同監視団によると、遺体は、首を切断されたり、銃で撃たれたりした状態で、路上で発見された。政権軍による再奪還前の約3週間に殺害されたとみられる。公務員なども含まれ、政府側へ協力したことへの報復として処刑されたという。

2017年10月24日 17時32分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

イスラム国」が処刑か、シリアで128人遺体

過激派組織「イスラム国」が支配していたシリア中部ホムス県カルヤタインで、処刑されたとみられる市民ら128人の遺体が見つかったと発表した。

 カルヤタインは2015年に「イスラム国」に支配され、昨年、アサド政権軍がいったん奪還した。しかし、「イスラム国」が今月上旬、勢力を盛り返して再び制圧し、政権軍が21日に再奪還していた。

 同監視団によると、遺体は、首を切断されたり、銃で撃たれたりした状態で、路上で発見された。政権軍による再奪還前の約3週間に殺害されたとみられる。公務員なども含まれ、政府側に協力したことへの報復として処刑されたという。

2017年10月24日 11時34分    Copyright © The Yomiuri Shimbun