今日のニュース

気になったニュース

架線にサル引っかかる JR可部線、一時運転見合わせ

 24日午前8時10分ごろ、広島市西区三滝本町1丁目のJR可部線横川―三滝間を走行中の広島発あき亀山行き普通電車(4両編成)の運転士から、「三滝トンネル手前の架線に小動物が引っかかっている」とJR西日本広島総合指令所に連絡があった。JR西によると、この小動物はサルで、トンネルの上の斜面付近から落下したものとみられるといい、すでに死んでいた。安全確認のため、この電車が約1時間20分にわたって運転を見合わせるなどし、上下8本が運休、10本に最大約90分の遅れ。通勤・通学客ら約5500人に影響が出た。

2017年10月24日11時09分    朝日新聞デジタル