今日のニュース

気になったニュース

台風21号、死者6人に 記録的豪雨、80人以上重軽傷

f:id:obaco:20171023205007j:image

濁流脇に残る車には女性が乗っていたとみられる=23日午前9時、大阪府岸和田市朝日新聞社ヘリから、加藤諒撮影
 超大型の台風21号は22日午後11時ごろ、和歌山県・潮岬の東南東約130キロの海上を通過し、23日午前3時ごろに記録上初めて「超大型」のまま、静岡県御前崎市付近に上陸した。各地で河川の氾濫(はんらん)や土砂災害が相次ぎ、大阪府三重県で2人、和歌山県と福岡市で1人が死亡、近畿と四国の7府県で80人以上が重軽傷を負った。

 気象庁によると、23日未明までの24時間降水量は和歌山県紀の川市で275ミリに達し、京都府舞鶴市では朝までに312ミリを記録するなど、近畿各地で観測史上最大を更新した。

 大阪府岸和田市では府道が冠水。23日朝には沈んでいた軽乗用車の中から女性(68)が見つかり、死亡が確認された。大阪市東住吉区では同日未明、男性(88)が強風で外れた自宅物置のシャッターの下敷きになって死亡した。

 大津市内のJR湖西線では高架上にある電柱9本が根元近くで折れ、線路上に倒れるなどした。台風による強風の影響とみられ、復旧のめどは立っていない。富山市の富山港では23日未明、貨物船(1798トン)が防波堤の消波ブロックに乗り上げ、油が流出した。

 東海道新幹線は22日夜、岐阜羽島岐阜県)―米原滋賀県)の上下線で停電が発生。のぞみ2本(乗客計約1200人)が立ち往生するなどして約2万4千人に影響した。また、近畿地方の在来線を中心に23日朝からダイヤが大きく乱れ、JR大阪駅などでは通勤客らで混雑した。

2017年10月23日19時59分    朝日新聞デジタル

 

 

台風21号 各地で猛威 5人死亡1人不明

f:id:obaco:20171023145633j:image

冠水した住宅街=和歌山県紀の川市で2017年10月23日午前9時25分、本社ヘリから小関勉撮影

 超大型の台風21号により、全国で計5人が死亡し、1人が行方不明になるなど各地で被害が出た。近畿では、大阪市東住吉区で80代男性が暴風で飛ばされたシャッターの下敷きになって死亡。ほかにも転倒するなど計9人が重傷を負った。

 和歌山県では大雨による影響が特に大きく、22日午後8時半には紀の川市西脇で民家に土砂が流れ込み、住人の夫婦2人が巻き込まれた。女性(75)は救出されたが、同居する夫(82)は23日午前に意識不明の状態で見つかった。また、22日午後9時ごろには、海南市扱沢の県道(幅約8メートル)が長さ約20メートルにわたって陥没。約200メートル離れた同じ県道ののり面も長さ約30メートルにわたって崩れ、県警によると、パトカーを含む車両32台が陥没箇所と土砂崩れに挟まれて立ち往生した。計65人が一時孤立したが、全員無事に避難した。

 茨城県では22日午後6時ごろ、常陸太田市里野宮町の里川にアユを取りに出かけた同市内の男性(61)の家族から「(男性が)帰ってこない」と119番があった。警察や消防は増水した川に流された可能性があるとみて、23日朝から下流域などを捜索している。【島田信幸、加藤栄】

10/23(月) 13:26    毎日新聞

 

 

超大型の台風21号、関東を北上…4人死亡

f:id:obaco:20171023144259j:image

台風21号の大雨で冠水した道路を水しぶきを上げながら通るバイク(23日午前7時44分、東京都千代田区で)=吉岡毅撮影

 超大型の台風21号は23日午前3時頃、静岡県御前崎市付近に上陸した後、暴風域を伴いながら関東を北上し、茨城県沖に抜けた。

 気象庁によると、風速15メートル以上の強風域が半径800キロ以上の「超大型」で上陸したのは、同庁に記録が残る1991年以降初めて。

 23日正午現在、21号は岩手県宮古市の東南東約120キロの海上を、時速80キロで北東に進んでいる。中心気圧は970ヘクト・パスカル、中心付近の最大瞬間風速は45メートル。

 同日午前9時半までの48時間雨量は、和歌山県新宮市で826ミリ、三重県尾鷲市で748ミリ、東京都八王子市で339ミリなど、各地で平年の10月1か月の雨量を大幅に上回る雨が降った。

 23日夜には北海道の東の沖合で温帯低気圧に変わる見込み。24日朝までの24時間予想雨量は多い所で、北陸180ミリ、東北160ミリ、北海道100ミリ。

 この台風の影響で、大阪府岸和田市では22日夕、府道が冠水し、車数台が水没。23日午前8時30分ごろ、軽乗用車の車内から大阪府和泉市、アルバイト坂内芳恵さん(68)が見つかり、死亡が確認された。三重県度会町でも同日朝、冠水現場から引き揚げられた乗用車の中から同県玉城町、山口貴大たかひろさん(29)が遺体で見つかるなど、読売新聞のまとめで、同日正午現在、4人が死亡した。

 また、総務省消防庁によると、同日午前6時現在、全国の9万3873世帯に避難指示、92万2403世帯に避難勧告が出された。

2017年10月23日 13時02分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

台風21号 静岡に上陸 2人死亡、夜には温帯低気圧

f:id:obaco:20171023085742j:image

黄円は風速15m/s以上の強風域、赤円は25m/s 以上の暴風域。白の点線は台風の中心が到達すると予想される範囲。薄い赤のエリアは暴風警戒域

 超大型で強い台風21号は23日午前3時ごろ、静岡県御前崎市付近に上陸した。その後、再び駿河湾に出て、関東方面へ北北東に進んだ。各地で大雨や強風が続き、2人が死亡。気象庁は、土砂災害や河川の氾濫などに警戒を呼び掛けている。昼には東北の東海上へ抜け、夜までに北海道の東で温帯低気圧に変わるとみられる。
 気象庁によると、上陸時期は1951年以降で3番目の遅さ。超大型のままの上陸は、現在と同等の解析記録が残る91年以降で初だった。

 台風21号は22日午後に本州の太平洋側へ接近。日本列島の南岸に延びた前線の活動も活発化して各地で大雨が長時間続き、紀伊半島では48時間雨量が800ミリを超えた。23日も静岡市で1時間に67.5ミリ、相模原市で56.0ミリの非常に激しい雨が降るなどした。東京都の三宅島は風速35.5メートルを観測し、これまでの記録を更新した。

 被害も相次ぎ、22日に福岡市東区で工事現場の足場が倒れ、巻き込まれた歩行者の男性(63)など、これまでに2人が死亡。和歌山県紀の川市では住宅に土砂が流入して住人の男性が行方不明になった。三重県名張市宇陀川奈良県三郷町大和川は氾濫。道路の冠水や土砂崩れによる寸断が起きたほか、孤立した住民らの救助も行われた。停電も発生した。

 24日午前6時までの24時間予想雨量は多いところで、北陸180ミリ、東北160ミリ、北海道100ミリ。予想される最大風速(最大瞬間風速)は、東海、関東甲信、北陸、東北、北海道が30メートル(45メートル)、近畿と中国が25メートル(35メートル)。波は最大で13メートルとみられる。

 台風21号は23日午前4時現在、静岡県沼津市の南南西約40キロを時速約60キロで北北東へ進んだ。中心の気圧は955ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心から北側390キロ、南側280キロが風速25メートル以上の暴風域。〔共同〕

2017/10/23 6:29    日経新聞