今日のニュース

気になったニュース

カタルーニャ州、自治権一部停止 スペイン首相が方針

f:id:obaco:20171021211407j:image

21日、スペインからの独立を目指すカタルーニャ自治州をめぐる臨時閣議に臨むラホイ首相=AFP時事

 スペインのラホイ政権は21日に開いた臨時閣議で、独立を目指して憲法違反を重ねているとして、北東部カタルーニャ自治州自治権の一部を停止する方針を決めた。上院の承認を得た上で中央政府の権限で州議会を解散し、6カ月以内にも議会選を実施する。州の政治体制の一新を図る狙いだ。

 ラホイ首相は記者会見で「やむを得ない措置だ」と説明したが、独立派が反発を強めるのは必至。州側が一方的に独立へと動き出せば、中央政府との全面的な対立になる恐れもある。

 スペイン憲法は、自治政府が重大な問題を引き起こした場合、「スペイン全体の利益のため、必要な措置をとることができる」(155条)と規定している。

 ラホイ政権は、カタルーニャ州政府が憲法裁判所の差し止めを振り切って1日に住民投票を実施し、その後も一方的に独立へと動いていると判断、規定の適用に踏み切る。発動されれば、フランコ独裁体制の後1978年に施行された現憲法下で、初めてとなる。

2017年10月21日21時11分    朝日新聞デジタル