今日のニュース

気になったニュース

空自基地で戦闘機が炎上、脚部破損か…乗員脱出

 f:id:obaco:20171018154320j:image

 18日午前11時45分頃、茨城県小美玉市にある航空自衛隊百里基地の誘導路で、同基地所属のF4戦闘機(2人乗り)から白煙が上がっているのを基地関係者が確認した。

 県警航空隊によると、炎が出ていたという。

 同基地関係者らによると、乗員2人は機体から脱出した。けが人の情報はないという。訓練のため離陸しようとして滑走路に出る前に、左脚部が破損したとみられるという。

 同基地は、茨城空港との共用施設。同空港によると、民間機の運航に影響はないという。

2017年10月18日 13時19分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

F4戦闘機、離陸直前に出火 隊員にけがなし 百里基地

f:id:obaco:20171018140503j:image

機体から出火したF4戦闘機=18日午後0時47分、茨城県小美玉市朝日新聞社ヘリから、嶋田達也撮影

 防衛省に入った連絡によると、18日午前11時47分ごろ、航空自衛隊百里基地茨城県)の滑走路付近で、同基地所属のF4戦闘機の機体から出火した。すぐに鎮火し、乗っていた隊員2人にけがはないという。F4は離陸直前だった。出火の直前、パイロットから管制官に「左脚部分が破損した」と連絡があったという。

 一方、茨城県には18日午前、百里基地から「戦闘機に不具合があった」と連絡があった。百里基地茨城空港との共用施設だが、民間機の運航に影響はないという。

2017年10月18日12時26分    朝日新聞デジタル