今日のニュース

気になったニュース

習氏の長~い演説、3時間半 出席者はあくびにトイレ

f:id:obaco:20171018203825j:image

中国共産党の第19回党大会が開幕。習近平総書記(中央)、胡錦濤前総書記(左)、江沢民元総書記(右)らが壇上に並んだ=18日午前9時、北京の人民大会堂、山本裕之撮影

 18日に北京の人民大会堂で開幕した中国共産党第19回党大会で、習近平(シーチンピン)総書記(国家主席)が行った政治報告は3時間半近くに及んだ。かつての共産圏の指導者をほうふつとさせる長時間の演説は、「反腐敗闘争」を通じて党内の権力基盤を固めてきた習氏の自信の表れと言えそうだ。
 「同志のみなさん」。この日、人民大会堂の演壇に立った習氏がそう呼びかけたのは午前9時すぎ。習氏は時折せき込んだり水を飲んだりしたことはあったが、休憩を挟むことなく午後0時半まで話し続けた。

 長時間にわたる報告に、壇上に並んだ党代表たちの中には急ぎの報告を受けたりトイレに行ったりするためか、たまらず中座する姿も。習氏の隣の席に座った江沢民元総書記(91)は報告中に大きなあくびをしたり、何度も腕時計に目を落としたりしていた。

 習氏の右隣に座った胡錦濤(フーチンタオ)前総書記(74)が2012年の前回大会で報告にかけた時間は、習氏の半分以下の1時間30分余り。胡氏は報告を終えて自席に戻った習氏に自身の腕時計を示して、「長かったよ!」と言わんばかりにアピール。習氏は苦笑いを浮かべていた。(北京=平賀拓哉、冨名腰隆)

2017年10月18日17時31分    朝日新聞デジタル

 

 

習思想を「行動指針」に、毛沢東に迫る威信確立

f:id:obaco:20171018155828j:image

中国共産党大会で、政治報告をする習近平総書記(18日、北京の人民大会堂で)=安川純撮影

 【北京=中川孝之】中国共産党の第19回大会が18日午前、北京の人民大会堂で開幕した。

 習近平シージンピン総書記(国家主席)が党中央委員会報告(政治報告)を行い、自らの政治思想を「新時代の中国の特色ある社会主義思想」と表現。「中華民族の偉大な復興を実現する行動指針としなければならない」と述べた。

 これにより、習氏の「思想」が党の最高規則である党規約の「行動指針」に、「毛沢東思想」や「トウ小平理論」などと並んで盛り込まれる見通しとなった。習氏は政権1期で、建国の父・毛沢東に迫る威信を確立したことになる。

 習氏はまた、党の中長期的な目標を新たに設定した。

 報告で習氏は、第1段階を「2020~35年」と区切り、この間に社会主義の近代化を実現すると主張。「中国の経済や科学技術の実力が大幅に高まり、技術革新型国家の先頭にのぼり詰める」と述べた。
2017年10月18日 13時34分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

江沢民氏も腕支えられ着席、あくびをする場面も

f:id:obaco:20171018160145j:image

18日、北京で始まった党大会に出席し、介添え役に支えられて習総書記(左)の隣に座る江沢民氏=安川純撮影

 【北京=幸内康】中国共産党の第19回党大会の開幕式では、党長老たちも姿を現し健在ぶりを示したが、衰えも隠せなかった。

 2代前の総書記、江沢民ジアンズォーミン氏(91)は介添え役に腕を支えられながら、ゆっくりとした足取りで習近平シージンピン総書記の左隣の席に着席。前総書記の胡錦濤フージンタオ氏(74)は介添え役の手は借りずに一人で歩き、習氏の右隣に座った。重病説もあった李鵬元首相(88)も最前列に座った。

 中国ではかつて最高指導部だった長老が隠然とした影響力を持ち続け、健康状態に注目が集まる。江氏は5月以降、動静が伝えられていなかった。習氏の前任者である江、胡両氏は、習氏が2人を上回る自らの実績を強調した政治報告を無表情に聞き入り、江氏があくびをする場面もあった。

2017年10月18日 12時43分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

中国共産党大会、開幕 習近平総書記が演説

f:id:obaco:20171018124141j:image

中国共産党大会が開幕し、演説する習近平総書記(18日午前、北京)=小高顕撮影

 【北京=張勇祥】中国共産党の第19回党大会が18日午前9時(日本時間午前10時)、北京の人民大会堂で開幕した。習近平総書記(国家主席)に続き、江沢民元総書記、胡錦濤前総書記が入場した。李克強首相が開幕を宣言した。2012年に総書記に就任した習近平氏が、1期目である5年間の総括と今後の基本方針について演説した。党内の規律強化や脱貧困政策などの成果を誇示し、権力基盤の確立を国内外に強調する。
 最高指導機関である党大会の会期は24日まで。指導幹部である約200人の中央委員の選出や、党規約の改正などが主要議題となる。

 焦点の党首脳人事については、中央委員が25日にも中央委員会第1回全体会議(1中全会)を開いて政治局員(現在は24人)を選び、そこから最高指導部である政治局常務委員(同7人)を決める。最高責任者である総書記は常務委員から選ぶ。

 党規約の改正については、習氏が掲げてきた政治思想や理念を明記して権威を高める見通し。「習近平思想」のように自身の名を冠した名称になれば、毛沢東氏や鄧小平氏に並ぶ権威を得ることになる。

 強力な権限を持つ毛沢東時代のポスト「党主席」を復活させる案も出ている。すでに別格の指導者を意味する「核心」の地位を手に入れている習氏が、さらなる権力集中を進められるか。習氏が望むとされる「3期続投」に向けた地ならしが進むかも注目点になる。

 ▼中国共産党大会 党の指導体制や基本方針を決める最高指導機関。5年に1度開き、指導幹部となる約200人の中央委員の選出や党規約の改正、重要な政策課題を討議する。第19回の今回は約8900万人の党員から選ばれた2280人の代表が出席する。

 大会冒頭で党トップの総書記が、過去5年間の中国を振り返り将来を展望する活動報告を読み上げ国家運営の基本方針を示す。大会閉幕直後に中央委員会第1回全体会議(1中全会)を開き政治局員(現在は24人)を選定。その中から最高指導部の政治局常務委員(同7人)を決め、常務委員の中から総書記を選ぶ。

2017/10/18 10:38    日経新聞