今日のニュース

気になったニュース

「フレア使用訓練、海上で」 防衛相、米軍に申し入れ

 広島県北広島町の上空で11日、訓練中の米軍機とみられる戦闘機から正体不明の光の球が発射されるのが目撃された問題で、小野寺五典防衛相は17日、米軍機が敵のミサイルを攪乱(かくらん)する火炎弾「フレア」と呼ばれるおとり用の熱源だったと明らかにした。防衛省は同日、米軍に対してフレアを使った訓練を陸地ではなく海上で行うよう申し入れた。
 小野寺氏によると、戦闘機は米海兵隊所属の「FA18」で、11日午後に広島県北部の空域で訓練した際にフレアを使ったと米側が同省に認めたという。県や北広島町によると、現場は民家などが点在し、上空から急降下した戦闘機2機が光の球を発射した。

 航空自衛隊もフレアを使った訓練を行うが、海上で行うのが通例。日米地位協定上の規定はなく、米側は発射した理由を明らかにはしていない。小野寺氏は「実戦に即した訓練は重要だが、地域住民に不安を与えることがあってはならない」と指摘した。(相原亮)

2017年10月17日20時51分    朝日新聞デジタル