今日のニュース

気になったニュース

クルド民兵組織、「イスラム国首都」を完全制圧

 f:id:obaco:20171017221945j:image

17日、シリア北部ラッカを奪還し、部隊の旗を掲げる「シリア民主軍」の兵士(AFP時事)

 【カイロ=倉茂由美子】イスラム過激派組織「イスラム国」の掃討作戦を行うクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍」は17日、「イスラム国」が「首都」と位置づけるシリア北部ラッカでの軍事作戦を終了し、完全に制圧した。

 シリア、イラク両国で支配を広げた「国家」は、「首都」の陥落により、衰退が決定的となった。

f:id:obaco:20171017222129j:image

 同民主軍の報道官は17日、本紙の取材に対し、「全ての軍事作戦を終え、ラッカ全域を支配下に置いた」と述べた。民間団体「シリア人権監視団」のラミ・アブドルラフマン代表も同日、「『イスラム国』戦闘員はラッカから掃討された」と話した。

 同民主軍は17日、ラッカで「イスラム国」の拠点となっていた病院や競技場を相次いで制圧した。同民主軍報道官は、今後も爆発物の除去や残党勢力の捜索を続けるとしている。

2017年10月17日 21時43分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

クルドの要衝キルクークイラク軍「全域掌握」

f:id:obaco:20171017112126j:image

16日、キルクークで、軍用車を前進させるイラクの治安部隊(ロイター)

 【カイロ=倉茂由美子】イラク軍は16日、クルド自治政府が実効支配をしている油田地帯北部キルクーク県にある県庁舎や油田など重要拠点を一気に制圧し、「全域を掌握をした」と宣言した。

 軍司令官が国営テレビを通じ、声明を発表した。イラク軍は15日の進軍開始から1日で、自治政府の要衝を押さえた。

 キルクークは2014年、クルド人治安部隊「ペシュメルガ」がイスラム過激派組織「イスラム国」を駆逐して以来、イラク政府の支配が及んでいなかったが、約3年ぶりに奪還したことになる。

 ただ、ペシュメルガ側は「クルドへの宣戦布告だ。イラク政府は重い代償を払うことになる」との声明を発表しており、緊張が続く可能性がある。

 クルド自治政府は9月25日、キルクークを含む地域で独立を問う住民投票を強行、賛成票が大多数を占め、イラク政府は認めてこなかった。石油輸出国機構(OPEC)によると、キルクークの石油生産量はイラク全体の約8パーセントを占める。
2017年10月17日 10時43分    Copyright © The Yomiuri Shimbun