今日のニュース

気になったニュース

中2「教師の叱責苦に自殺」…担任らが繰り返し

f:id:obaco:20171016115504j:image

記者会見で頭を下げる堀口校長(左から3人目)ら

 福井県池田町の町立池田中学校で今年3月14日、2年生の男子生徒(当時14歳)が校舎から転落して死亡する問題があり、町教委が設置した第三者による調査委員会は15日、「男子生徒は担任と副担任から繰り返し厳しい叱責を受け、精神的に追い詰められて自殺に至った」とする報告書を公表した。

 報告書によると、男子生徒は昨年10月以降、宿題提出の遅れや、役員を務める生徒会の活動に関して、担任と副担任から厳しい叱責を受けるようになった。

 このため、報告書は「男子生徒はストレスが高まって絶望感が深まり、自死を選択したと考えられる」と指摘。また、「生徒は対人関係で傷つきやすい性格で、担任らは厳しい指導が不適切だと気付くことができた」とし、校長も担任から男子生徒に関する報告を受けていたとして、「学校の対応に問題があったと言わざるを得ない」と批判した。
2017年10月16日 06時16分    Copyright © The Yomiuri Shimbunn

 

「聞いた人が身震いするくらい怒られていた」 中2自殺

 福井県池田町で自殺したとされる中学2年の男子生徒は、担任や副担任から再三しかられ、「死にたい」と漏らしていた。町教委は15日、有識者らでつくる調査委員会の報告書を公表。生徒が逃げ場を失い、追い詰められていく状況が詳細につづられていた。
 「改めて亡くなられた生徒さんのご冥福を祈りますとともに、遺族の方々におわび申し上げます」。15日夜に池田町内であった記者会見で、内藤徳博教育長や堀口修一・池田中学校長らは深々と頭を下げた。

 会見では16ページの調査報告書の概要版が配られた。内藤教育長は学校の指導体制に問題があったと認め、「生徒の特性を見極めていきたい。二度と繰り返さぬようにしたい」と述べた。

2017年10月16日05時13分    朝日新聞デジタル