今日のニュース

気になったニュース

パレスチナ和解協議が合意…統一政府へ調整

f:id:obaco:20171013011552j:image

2日、パレスチナ自治区ガザでハマスの最高幹部ハニヤ氏(左)と手を取り合うパレスチナ自治政府のハムダラ首相(右)=ロイター

 【エルサレム金子靖志】パレスチナの分裂解消に向けた和解協議で、パレスチナ自治政府の主流派ファタハと、自治区ガザを実質的に支配するイスラム主義組織ハマスの代表者は12日、統一政府樹立を柱とする合意文書に署名した。

 今後、統一政府樹立に向けた選挙などを調整する見通しで、10年に及ぶ分断解消の兆しが見えてきた。

 協議は、仲介役となっているエジプトの首都カイロで10日から行われた。合意は、12月までにガザの行政運営をハマスから自治政府に完全移管し、その後、選挙を行って正式な統一政府樹立を目指す内容。11月21日にカイロで選挙に向けた具体的な協議を行う見通しだ。

 AFP通信によると、ファタハを率いる自治政府アッバス議長は合意が「最終的なもの」と述べ、今後1か月以内に、ガザを10年ぶりに訪問するという。ハマス最高幹部のハニヤ氏も「エジプトの支援で合意に達した」との声明を発表した。
2017年10月13日 00時51分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

パレスチナの2大組織が「和解」 ファタハハマス

f:id:obaco:20171013012330j:image

パレスチナイスラエルの関係

 10年にわたり分裂状態が続くパレスチナ自治政府の主要組織ファタハパレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスの両代表団は12日、「和解」について合意した。合意内容の詳細は不明だが、AFP通信によると、自治政府が治安要員約3千人をガザに配置し、治安を担うことなどが盛り込まれる見通し。

 両代表団は和解仲介役のエジプトの首都カイロで、10日から協議していた。

 ハマス最高幹部のハニヤ政治局長は12日、「エジプトの支援の下で合意が成立した」との声明を発表。AFP通信によると、自治政府アッバス議長も同日、「分裂を解消するための最終合意」として歓迎する意向を示しており、1カ月以内に10年ぶりにガザを訪問する予定という。

 自治政府関係者によると、両代表団は2011年にカイロで両者が合意した和解案を土台に協議したという。同案は、統一政府の発足と首相の指名▽1年以内に自治政府議長(大統領に相当)と自治評議会(国会に相当)の選挙の実施▽行政や治安などの権限一本化などを含む。

2017年10月12日22時42分    朝日新聞デジタル