今日のニュース

気になったニュース

対馬のカワウソ、生息確認 ニホンカワウソの可能性低く

f:id:obaco:20171012165331j:image

今年2月に撮影されたカワウソ(琉球大学動物生態学研究室提供)

 環境省は12日、国内で38年ぶりに野生のカワウソが確認された長崎県対馬で8月下旬から9月上旬にした本格調査で、ユーラシアカワウソのDNAを持つオスの生息が確認されたと発表した。採取したフンを調べた。韓国やサハリン地域に住む亜種に近く、調査にかかわった専門家は「現段階では、(絶滅種の)ニホンカワウソの可能性は極めて低い」としている。足跡も1カ所で見つけた。
 対馬のカワウソは、琉球大学のチームがツシマヤマネコの生態調査のために設置した自動撮影カメラで2月にとらえた。7月の環境省の緊急調査では、母親の異なるオスとメスが1匹ずつ生息している可能性があるとしていた。

f:id:obaco:20171012165652j:image

調査で見つかったフン(環境省提供)

 環境省は、専門家らを集めて8月28日から9月2日にかけて、対馬全島で本格的に調査した。カワウソのものの可能性があるフン14個などを回収して、分析を進めていた。

 その結果、4個のフンからユーラシアカワウソのDNAを検出。うち3個の分析では、緊急調査で検出されたオス個体と同じ母系の遺伝子を持っていた。同一の個体かどうかは不明で、頭数は「少数」とした。

 ほかのカワウソの仲間と比較したところ、韓国やサハリン地域に住むユーラシアカワウソの亜種に近く、高知県で捕獲されたニホンカワウソからは遠い類縁関係にあることもわかった。一方で、緊急調査でメスの可能性があるとしたフンを詳しく調べたが、性別はわからなかった。

 調査代表者の佐々木浩・筑紫女学園大教授は、日本にはもともとユーラシアカワウソとニホンカワウソの2種がいたとする見解を披露した上で、対馬の在来種はユーラシアカワウソだった可能性を指摘。「狭義のニホンカワウソの可能性は低い」としながらも、「日本にカワウソが復活したとは言える」と話した。

2017年10月12日15時34分    朝日新聞デジタル