今日のニュース

気になったニュース

米の原野火災、死者23人に 収穫期のワイナリーも被害

f:id:obaco:20171012144408j:image

原野火災で焼け落ちたカリフォルニア州北部ナパのワイナリー=AFP時事

 ワインの産地として知られるカリフォルニア州北部のナパやソノマで起きている原野火災は被害が拡大し、11日夜までに23人が死亡、約3500の建物が焼失した。まだ多数の人と連絡が取れていないという。
 地元テレビなどによると、火災は20カ所以上で発生し、現在も燃え続けている。東京23区の面積を上回る約650平方キロメートルが焼失し、同州では史上最悪規模となった。現地ではブドウの収穫期を迎えていたが、10以上のワイナリーが全焼したり、一部焼けたりしたという。

 火は、雨の少ない同州の乾いた空気と、強風によって燃え広がり、火の手が迫るのに気づくのが遅れて逃げ場を失った人が多くいたとみられている。携帯電話の基地局が火災の影響を受け、通報できなくなったとの話もある。プロパンガスを使っている家が多く、タンクが爆発し救助隊員が近づけなかった場所もある。

 火災の煙は100キロ以上離れた地域にも流れており、サンフランシスコ市内でも、学校が野外活動を中止したり、図書館が空気清浄機を設置したりしたという。(サンノゼ=宮地ゆう)

2017年10月12日12時53分    朝日新聞デジタル