今日のニュース

気になったニュース

不時着米軍ヘリ同型機、96時間飛行停止…調査

f:id:obaco:20171013010603j:image

大破、炎上した米軍の大型輸送ヘリ「CH53」。焼け残った尾翼付近に近寄る米兵の姿が見られた(12日午後3時24分、沖縄県東村で、小型無人機から)=中島一尊撮影

 沖縄県東村ひがしそんの米軍北部訓練場近くの牧草地に米海兵隊の大型輸送ヘリコプター「CH53」が不時着した事故で、在日米軍は12日、国内にある同型ヘリの飛行を停止したと発表した。

 停止期間は96時間とし、この間に事故調査を行い、機体の安全性を確認するという。

 運用停止は、在沖縄米軍トップのニコルソン四軍調整官が指示した。発表では、「原因を特定するため、乗員や整備の専門家と緊密に協力し、徹底的な調査を行う」としている。

f:id:obaco:20171013010739j:image

沖縄の米軍ヘリ事故を受け、シュローティ在日米軍副司令官(右)の説明を厳しい表情で聞く小野寺防衛相(12日午後、防衛省で)=冨田大介撮影

 飛行停止を受け、防衛省は、同型ヘリの運用・整備経験を持つ自衛官を現地に派遣し、米軍の調査が適切に行われているかどうかチェックすることを決めた。米軍の事故調査に自衛官が関わるのは異例。ただ、法的権限はなく、米軍がどこまで自衛官の関与を認めるかは不透明という。

 小野寺防衛相はこの日、同省に在日米軍のシュローティ副司令官らを呼んで抗議した。
2017年10月12日 20時49分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

米軍ヘリ事故受け 同型機の当面飛行停止で一致

f:id:obaco:20171012175446j:image

小野寺防衛大臣は、沖縄本島北部の東村でアメリカ軍の大型ヘリコプターが緊急着陸し炎上した事故を受けて、在日アメリカ軍のシュローティ副司令官と会談し、今回のヘリコプターと同型の機体については、安全が確認されるまで、当面、飛行停止にすることで一致しました。
この中で、小野寺防衛大臣は「オスプレイの事故などが相次いでいる中で、周辺住民をはじめ、沖縄県民に大きな不安を与えたことは誠に遺憾だ。安倍総理大臣からも指示されており、事故原因の早急な究明と万全な再発防止策、また安全管理のさらなる徹底と事故に関する詳細な情報提供を要請する」と述べました。

そのうえで、小野寺大臣が、安全確認が完全に行われるまで同型機の飛行を停止するよう求めたのに対し、在日アメリカ軍のシュローティ副司令官は「これから初期の事故調査を行って事故原因と安全を確認するため、その間、運用を停止する」と応じ、今回のヘリコプターと同型の機体については、安全が確認されるまで、当面、飛行停止にすることで一致しました。

会談のあと、小野寺大臣は記者団に対し、「これから調査が行われるので、いつまで飛行停止とするかはわからない。アメリカ側の調査の内容については、自衛隊の専門家を派遣して情報を共有しながら内容を把握していきたい」と述べました。

10月12日 15時54分    NHKニュース

 

 

米軍ヘリ炎上、米軍司令官に原因究明申し入れ

f:id:obaco:20171012130718j:image

炎上した米軍の大型ヘリCH53(12日午前6時39分、沖縄県東村で、読売機から)=米山要撮影

 沖縄県東村の米軍北部訓練場(東村、国頭くにがみ村)近くの牧草地に米軍普天間飛行場所属の大型輸送ヘリコプター「CH53」が不時着、炎上した事故から一夜明けた12日、現場では焼け焦げた機体の様子が確認された。

 現場周辺には地元村長らが駆けつけた。

 機体は真っ黒に焼けこげ、操縦席は跡形もなく焼け落ちた状態。周辺の牧草にも延焼しており、同日朝には米軍関係者が機体周辺を歩き、警戒する姿も確認された。

 事故を受け、自衛官トップの河野克俊統合幕僚ばくりょう長は12日未明(日本時間)、出張先の米ハワイで米太平洋軍のハリス司令官に対し、事故原因の究明や安全管理の徹底などを申し入れた。

 小野寺防衛相が同日午前、記者団に明らかにした。

2017年10月12日 11時45分    Copyright © The Yomiuri Shimbun