今日のニュース

気になったニュース

30年で初、青いカニ…漁の仕掛けで見つかる

f:id:obaco:20170926112356j:image

青いモクズガニ。奥は普通のモクズガニ愛媛県松野町で)

 愛媛県松野町延野々の淡水魚水族館・おさかな館で、甲羅や足の色が青っぽいモクズガニが展示され、来館者の話題を集めている。

 甲羅の幅約7センチで、雌の成体とみられる。同館によると、同県鬼北町の三間川で15日、モクズガニ漁をしている男性(65)が川に沈めた仕掛けの中に入っているのを見つけ、翌16日に「色が珍しい」と持ち込んだという。

 モクズガニの本来の色は暗褐色。同館によると、今回見つかったのは先天的な遺伝子異常で色素を欠いた「アルビノ」とみられる。恩田勝也・飼育長(37)は「30年間の漁で初めて見たと男性が言うくらい、珍しいと思う。多くの人に見てほしい」と呼び掛けている。

 問い合わせは同館(0895・20・5006)。

2017年09月25日 19時58分    Copyright © The Yomiuri Shimbun