今日のニュース

気になったニュース

北朝鮮で地震観測 一時、情報錯そう

 【ソウル=峯岸博】韓国気象庁によると、北朝鮮北東部の咸鏡北道吉州郡の核実験場の近くで23日午後5時29分(日本時間同)、マグニチュード3.2の地震を観測した。地震の原因が核実験なら3日以来で7回目となるが、韓国は地震波の特徴などから「自然地震と分析している」とした。

 韓国気象庁関係者は、自然地震との推定理由について(1)自然地震で生じる地震波の波形の特徴が明確に観察された(2)人工地震特有の音波が観測できなかった(3)6回目の核実験の場所から南東に約20キロ離れている――などと説明した。

 米地質調査所(USGS)は北朝鮮地震についてマグニチュード3.5、震源の深さを5.0キロと発表した。包括的核実験禁止条約機構(CTBTO)準備委員会のゼルボ事務局長はツイッターで、23日に北朝鮮で2つの地震活動を検知したとし、いずれも「人工的でなさそう」と述べた。

 中国地震局は同日、マグニチュード3.4、震源の深さ0キロで、爆発の疑いがあると報じた。その後の分析結果として「核爆発ではなく、自然地震の特性を持つ」との見解を示した。ロシア極東沿海地方の気象当局者は、地震の観測後も空気中の放射線量に変化はみられないとした。

 6回目の核実験の直後も小規模な揺れが観測されて、地盤崩落が原因との見方も出ていた。ゼルボ氏は、今回がその際の揺れに似ていると指摘している。

2017/9/24 1:38    日経新聞

 

 

北朝鮮で揺れを観測…核実験場がある北東部

 【北京=中川孝之、ソウル=宮崎健雄】韓国気象庁は23日、北朝鮮北東部で23日午後5時29分(日本時間)、マグニチュード(M)3・2の地震を観測したと発表した。

 震源咸鏡北道ハムギョンプクト吉州キルジュ郡の北北西49キロ・メートル付近としている。

 現場は核実験場のある豊渓里プンゲリに近いが、核実験などの人工地震で出る音波に特異な現象がなく、P波に比べS波が優勢なことから「自然地震」との分析を示した。

 中国地震局も、同時刻にM3・4の地震を観測したと発表した。同局は当初、原因は「爆発の可能性」があるとし、北朝鮮による7回目の核実験による人工地震の可能性を示唆したが、深夜になって「自然地震」と訂正した。北朝鮮の過去の核実験による人工地震と今回の地震波を比較した結果だとしている。
2017年09月24日 00時46分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

北朝鮮の核実験場近くで地震 政府「実験の可能性低い」

f:id:obaco:20170923185351j:image

平壌の人民劇場で開かれた水爆実験の成功を祝賀する講演で拍手する金正恩朝鮮労働党委員長(前列中央)と李雪主夫人(前列右から3人目)。日時は不明=労働新聞ホームページから

 韓国気象庁によると、北朝鮮北東部で23日午後5時半(日本時間同)ごろ、マグニチュード(M)3・15の地震が発生した。

 発生場所は北朝鮮が3日、核実験を実施した場所から北北西に約6キロの地点。同庁の発表は当初、M3・0、核実験の場所から南東に約20キロの地点としていたが、後に修正した。

 同庁は「自然地震」と分析しており、核実験による地盤の崩落といった可能性も低いとみている。同庁関係者は「(地震波の)音波や波形分析をした結果、自然地震との結論に達した」と語った。

 一方、中国地震局の観測ではM3・4で、震源の深さは0キロとし、「爆発による地震の疑いがある」との分析を発表した。

 同局は3日の北朝鮮の核実験の際も、今回と同様の「爆発による地震の疑い」と発表していた。このため情報が交錯し、新たな核実験の可能性があるのではないかとの臆測を呼んだ。ただ、北朝鮮の過去6回の核実験はいずれもM4以上を観測しており、今回の規模は小さい。

 米地質調査所(USGS)の観測では、地震はM3・5で、震源の深さは5キロだった。

 日本政府は、気象庁が自然地震ではないような地震波を観測した事実はないことから、「核実験の可能性は低い」と判断し、首相官邸への緊急参集も行わなかった。(ソウル=牧野愛博、北京=西村大輔)

2017年9月24日00時01分     朝日新聞デジタル