今日のニュース

気になったニュース

「でりしゃす」全17店を閉店 O157感染で女児死亡

f:id:obaco:20170920142125j:image

閉店した「でりしゃす」六供店。入り口には閉店を知らせる紙が貼られていた=前橋市六供町

 群馬、埼玉両県の総菜店「でりしゃす」の総菜を食べた男女計21人が腸管出血性大腸菌O(オー)157に感染し、女児(3)が死亡した問題で、同店を運営する「フレッシュコーポレーション」(群馬県太田市)は20日、でりしゃす全17店舗を閉店したと発表した。「総合的な経営判断」という。
 同社によると、群馬、埼玉、栃木の3県にあった17店舗を19日付で閉店した。従業員は、同社が運営する他のスーパーなどで雇用の場を確保するという。

 群馬県食品・生活衛生課などは女児の死亡が13日に明らかになってから、同県内の12店舗への立ち入り検査を続けている。19日までに8店舗の検査を終え、20日以降に残りの店舗を回る予定だったという。感染ルートはまだ特定されておらず、同社の広報担当者は「今後も原因追及・解明に協力する」と話している。

 一連の問題は、埼玉県内の店舗でポテトサラダを買って食べた人から、8月21日にO157が検出されて発覚した。でりしゃすは、8月24日から全店舗を自主休業していたが、9月7日に営業を再開していた。女児が食べた総菜を販売した前橋市の「六供店」は、女児の死亡がわかった後に再び自主休業をしていた。

2017年9月20日12時04分    朝日新聞デジタル

 

 

O157感染、総菜「でりしゃす」全17店閉店

 埼玉、群馬両県にある総菜販売「でりしゃす」系列店の総菜を食べた22人が腸管出血性大腸菌Oオー157に感染し、うち女児(3)が死亡した問題で、店を運営するフレッシュコーポレーション群馬県太田市)は20日、「でりしゃす」全17店を閉店したと発表した。

 でりしゃすは8月24日から全店で休業し、店の衛生管理態勢を見直し、今月7日に営業を再開していた。ただ、「感染者がたくさん出て、イメージや信用の面も含めて、総合的に営業の継続は難しいと判断した」と同社は閉店の理由を説明。「感染源の特定に向け、引き続き保健所の調査に全面的に協力していく」としている。

 今月7日の営業再開前には前橋市などが店に立ち入り調査を実施。女児の死亡を受け、群馬県などは県内12店の調査を改めて行っていたが、閉店に伴い立ち入り調査は打ち切るという。

2017年09月20日 12時06分    Copyright © The Yomiuri Shimbun