今日のニュース

気になったニュース

「まずい給食」批判噴出…全食撮影し再発防止へ

f:id:obaco:20170920193135j:image

給食への異物混入などを巡って対応を協議する大磯町議や町幹部ら(大磯町役場で)

 神奈川県大磯町立中学校の給食から異物が相次いで見つかり、大量に食べ残されていた問題で、町議会の全員協議会が19日に開かれ、町議からは「危機意識が足りない」などと町教育委員会への批判が噴出した。

 町教委は、できあがったすべての給食を業者に撮影させるなどの再発防止策を講じることを明らかにした。

 協議会の冒頭、町側は食べ残しの一因とみられている給食への異物混入の経緯を報告。大磯、国府両中学校で給食が導入された昨年1月から今年7月までの間に計95件を確認したという。見つかったのは「髪の毛」の39件が最多で、「繊維」(14件)、「虫」(10件)、「ビニール片」(4件)、「プラスチック片」(同)などもあった。

 町によると、このうち15件は製造工場内で混入したことが判明したものの、大半は原因が特定できていないという。一部は食材の焦げなどで、異物ではなかったことも説明された。

 これに対し、出席した町議からは「これだけ異物混入がありながら、どうして業者を替えないのか」「生徒たちが安心して食べられないような給食は『食育』以前の問題。子供たちの不安や心配を払拭する努力をしているのか」「明日からの給食は安全と言い切れるのか」といった声が次々と上がった。

 町教委は「業者には衛生管理の徹底を指導し、最終点検も兼ねて全食を撮影する」などと答弁。保護者に謝罪文を出した上で、給食への根強い不信感を抱く生徒たちにも配慮し、「パネルやDVDなどを使って調理の様子や調理場の環境を知ってもらう努力をする」と答えた。

 「おかずが冷たい」「味が薄い」などの声を受け、20日の給食に初めて「豚汁」を提供し、今後はふりかけの使用や混ぜご飯の回数を増やすなどする。給食を食べたくないという生徒には弁当の持参を認めることも決めた。

 町教委の仲手川孝・教育部長は「生徒たちが安心して食べられることが一番大事。不信感を取り除くために改善できることから取り組みたい」と話した。

2017年09月20日 07時35分    Copyright © The Yomiuri Shimbun