今日のニュース

気になったニュース

トランプ氏、北朝鮮「完全に破壊」警告 日本人拉致言及 国連総会で一般討論演説

f:id:obaco:20170920131207j:image

国連総会の一般討論で演説するトランプ米大統領(19日、ニューヨークの国連本部)=UPI共同

 【ニューヨーク=川合智之、高橋里奈】トランプ米大統領は19日、就任後初めて国連総会で一般討論演説を行い、朝鮮半島情勢について「米国と同盟国を守ることを迫られれば、北朝鮮を完全に破壊する以外の選択はない」と強く警告した。北朝鮮に加えイラン、ベネズエラなどを「ならず者国家」と呼び、対決姿勢を鮮明にし、国際社会が一丸となって対処するよう協調を呼びかけた。
 トランプ氏は、横田めぐみさん(失踪当時13)を念頭に「北朝鮮工作員の語学教師として強制労働させるため、13歳の日本人少女を海岸から拉致した」と非難した。北朝鮮を「向こう見ずで下劣だ」と評し、同国が進める核・ミサイル開発を「世界全体に脅威を与えている」と糾弾した。

 弾道ミサイル発射を繰り返す金正恩キム・ジョンウン)委員長を「ロケットマン」と呼び「自殺行為をしている」と批判した。北朝鮮の慈成男(チャ・ソンナム)国連大使は演説直前に議場から退出し、抗議の意を表した。

 イランについても「民主主義のふりをした腐敗した独裁体制」と痛烈に批判した。「暴力と流血、混乱を輸出している」と非難し、米欧など6カ国とイランの核合意を「米国にとって最も一方的で最悪の取引だ」とこきおろした。

 ベネズエラマドゥロ大統領については「かつて繁栄していた国家を崩壊の瀬戸際に追いやった」と酷評。「現状は全く容認できず、座視できない」と述べた。シリアのアサド政権も「犯罪政権」と呼んで非難した。

 トランプ氏はこれまで「米国第一」を掲げて国際協調体制に後ろ向きだったが、演説では「皆さんが自国第一を掲げるのと同様だ」と説明。国際社会が協力して世界の脅威に対抗する必要があると訴えた。

 北朝鮮に関しては、トランプ氏以外からも批判が相次いだ。ブラジルのテメル大統領は「北朝鮮による核・ミサイル開発という深刻な脅威には誰も無関係ではいられない」と指摘。ナイジェリアのブハリ大統領も「北朝鮮に平和的解決策を受け入れさせるため、あらゆる圧力と外交的努力が必要だ」と訴えた。

2017/9/20 9:55    日経新聞

 

 

脅威を及ぼすなら壊滅させるしかない…米大統領

f:id:obaco:20170920123912j:image

19日、米ニューヨークでの国連総会で、一般討論演説を行うトランプ大統領(AFP時事)

 【ニューヨーク=大木聖馬、黒見周平】トランプ米大統領は19日午前(日本時間19日夜)、就任後初めて、国連総会で一般討論演説を行った。

 核・ミサイル開発を強行する北朝鮮が非核化に応じない場合、「北朝鮮を完全に壊滅させるしかなくなるだろう」と警告し、各国に国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁を履行して圧力を高めるよう訴えた。

 トランプ氏は、ミサイル開発を続ける金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長を「ロケットマン」と皮肉り、「自身と自らの体制にとって自滅への道を突き進んでいる」と非難。「非核化しか受け入れられる道はないということに気づく時だ」と述べ、朝鮮半島非核化で譲歩しない姿勢を強調した。安保理が11日に採択した追加制裁について「(賛成した)中国とロシアに感謝したい」と述べる一方、「我々はもっと多くのことをしなければならない」と指摘。「敵対行為をやめるまで北朝鮮を孤立化させるために結束すべきだ」として、制裁履行を求めた。
2017年09月20日 01時21分    Copyright © The Yomiuri Shimbun