今日のニュース

気になったニュース

横綱稀勢の里・鶴竜が秋場所休場へ いずれも3場所連

f:id:obaco:20170907180902j:image

稀勢の里

 大相撲の4人の横綱のうち、稀勢の里(31)=田子ノ浦部屋=と鶴竜(32)=井筒部屋=の2人が秋場所(10日初日、東京・国技館)を休場することになった。2人の師匠が7日、取材に明かした。稀勢の里の休場は3場所連続で、初日からの休場は自身初。鶴竜も3場所連続で、今年で4度目。
 稀勢の里春場所に痛めた左腕、名古屋場所で痛めた左足首の回復が思わしくなく、今月5日にあった一門の連合稽古で十両力士相手に苦戦する場面があった。名古屋場所後の横綱審議委員会では、万全でない中で強行出場した判断の甘さを指摘する声も出ていた。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は「稽古でも思うような相撲が取れていない。筋力もいろいろな面でもう一度やらないといけない」と話した。

f:id:obaco:20170907181051j:image

鶴竜

 鶴竜は右足甲などを痛めている。名古屋場所で今年3度目の途中休場に追い込まれた際、師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)が次に出場する場所で結果が出なかった場合は引退する覚悟であることを明かしている。

2017年9月7日10時13分    朝日新聞デジタル