今日のニュース

気になったニュース

北朝鮮ミサイル発射 北海道上空を通過、迎撃せず

 f:id:obaco:20170829112840j:image
 北朝鮮は29日午前5時58分ごろ同国西岸の順安(スナン)から北東方向に弾道ミサイル1発を発射した。約2700キロメートル飛行して北海道の襟裳岬上空を通過、午前6時12分ごろ襟裳岬の東約1180キロメートルの太平洋上に落下した。自衛隊は迎撃しなかった。日本領域への落下物や、付近を航行する航空機や船舶への被害情報は現時点で確認されていない。

 菅義偉官房長官が発表した。北朝鮮の弾道ミサイルは約14分間飛行し、北海道の渡島半島から襟裳岬にかけての上空を約2分間で通過したとみられる。落下地点は日本の排他的経済水域EEZ)外。事前通報はなかった。菅氏は「日本海上空で3つに分離した可能性があるが、詳細は分析中だ」と指摘した。

f:id:obaco:20170829112948j:image

記者会見する菅官房長官(29日午前、首相官邸

 小野寺五典防衛相は記者団に、最高高度は約550キロメートルと説明。北朝鮮が5月14日に発射した中長距離弾道ミサイル「火星12」と同型の可能性に言及した。「今回は通常の形で撃たれたものと推定している」と述べ、5月14日のように発射角度を通常より高くする「ロフテッド軌道」ではなかったとの認識を示した。
 小野寺氏は自衛隊による弾道ミサイルの破壊措置は「実施していない」と語った。上空を通過した地域で、海上自衛隊のP1哨戒機などが安全状況を確認しているとも明らかにした。「自衛隊の各種レーダーで発射を確認していたが、わが国に向けて飛来する恐れがないと判断した」と説明した。

 政府は午前7時8分ごろから安倍晋三首相や菅氏、河野太郎外相らが出席して国家安全保障会議(NSC)の関係閣僚会合を開いた。「国際社会と引き続き連携し、北朝鮮に強く自制を求め、国連安全保障理事会でのさらなる対応を含め、断固たる対応をとっていく」と確認した。

 日本の上空を通る北朝鮮のミサイル発射は5回目。2016年2月に発射した長距離弾道ミサイルが沖縄上空を通って以来となった。

 北朝鮮のミサイルが初めて日本を通過したのは1998年8月。長距離弾道ミサイル「テポドン1号」の一部が日本上空を飛び越えた。北朝鮮は「衛星打ち上げ」に成功したと発表した。

 09年4月に発射したミサイルは秋田県岩手県の上空を通った。日本政府は「テポドン2号」、またはその改良型だったと分析した。

 12年12月には事実上の3段式の長距離弾道ミサイルを発射し、沖縄・先島諸島付近の上空を通り、2段目が太平洋上に落ちた。

 2017/8/29 11:12    日経新聞

 

 

北ミサイル、北海道の上空通過…太平洋上に落下

f:id:obaco:20170829103000j:image

北朝鮮のミサイル発射を受け、記者の質問に答える安倍首相(29日、首相官邸で)

 北朝鮮は29日午前5時58分頃、同国西部から北東方向に弾道ミサイル1発を太平洋に向けて発射した。

 ミサイルは同6時6分頃、北海道の上空を通過し、同6時12分頃、襟裳岬の東約1180キロ・メートルの太平洋上に落下した。自衛隊は迎撃措置をとらず、航空機や船舶の被害はなかった。

 菅官房長官が記者会見で明らかにした。北朝鮮のミサイルが日本列島の上空を通過するのは、「人工衛星」と称する長距離弾道ミサイルが沖縄県上空を通過した2016年2月以来で、今回が5回目。今年に入ってからの弾道ミサイル発射は8月26日以来で、13回目となった。

 韓国軍合同参謀本部によると、平壌市順安一帯から発射。飛行距離は約2700キロ・メートルで、最大高度は約550キロ・メートルに達したという。

 北朝鮮は8月8日付の朝鮮人民軍戦略軍報道官の声明で、米領グアム島周辺に中長距離弾道ミサイル「火星12」を発射する計画を検討中であることを公表。10日には国営の朝鮮中央通信を通じて、4発のミサイルを同時に発射し、島根、広島、高知各県の上空を通過させた上でグアム島周辺30~40キロ・メートルの海上に落下させると予告していた。

 日本政府は、島根、広島、高知各県に加え、近隣の愛媛を加えた計4県に航空自衛隊の地対空誘導弾(PAC3)を展開して警戒を強化していた。トランプ米大統領は「(発射すれば)世界が見たこともないような炎と怒りに直面する」などと強くけん制してきただけに、朝鮮半島情勢は緊迫の度合いを増しそうだ。

 日本政府は全国瞬時警報システム「Jアラート」を使い、該当地域の自治体を通じて、住民への警戒を促した。安倍首相は首相官邸で記者団に「我が国の上空を越えるのは、これまでにない深刻な脅威だ。北朝鮮に断固たる抗議を行った。圧力の強化を国連の場で求めていく」と述べた。

2017年08月29日 08時36分    Copyright © The Yomiuri Shimbun