今日のニュース

気になったニュース

羽田孜元首相が死去…82歳、「省エネルック」

f:id:obaco:20170828154515j:image
省エネルックで演説する羽田孜元首相(1996年)

 羽田孜(はた・つとむ)元首相が28日午前7時6分、老衰のため、東京都内の自宅で死去した。

 82歳だった。民進党羽田雄一郎・元国土交通相は長男。

 羽田氏は1935年8月24日、東京都大田区で生まれた。成城大経済学部卒業後、69年衆院選で父の羽田武嗣郎ぶしろう元衆院議員の後継者として、旧長野2区から自民党公認で初当選し、連続14選を果たした。

 中曽根、竹下両内閣で農相、宮沢内閣で蔵相を歴任し、小沢一郎自由党共同代表らとともに「竹下派七奉行」の一人に数えられた。

 93年6月に宮沢内閣不信任決議案に賛成して自民党を離党。小沢氏らと新生党を結成し、党首に就いた。同8月、細川内閣に副総理兼外相で入閣し、94年4月の細川首相辞任後、第80代首相に就任した。

 内閣発足直前に社会党が連立を離脱したため、少数与党での不安定な政権運営となり、6月に総辞職した。在職日数は戦後2番目に短い64日だった。

 退陣後は新進党、太陽党、民政党を経て、98年4月の民主党結成に参加。2012年11月の衆院解散で政界を引退した。最近は、体調を崩しがちで、自宅などで療養を続けていた。

 夏場は、半袖の上着の「省エネルック」を愛用した。

2017年08月28日 13時36分    Copyright © The Yomiuri Shimbun