今日のニュース

気になったニュース

対馬と与那国に放射線観測装置…海外の有事想定

f:id:obaco:20170827113530j:image

 原子力規制委員会は、北朝鮮による核実験や韓国、台湾にある原子力発電所の事故発生時に備え、長崎県対馬沖縄県与那国島の2か所に、放射線観測装置(モニタリングポスト)を設置することを決めた。

  海外での有事を想定して国内に観測装置を置くのは初めてで、年内にも設置する。

 規制委によると、放射線観測装置は現在、国内に約300か所ある。原発事故の際に周辺住民の避難を円滑に進めるためで、放射線量を常時観測している。

 ただ、3万1500人超が住む対馬の場合、韓国南部の古里コリ、新古里ゴリ原発との距離が約70キロで、約140キロ離れた九州電力玄海原発佐賀県玄海町)より近い。韓国の原発がテロの標的になった場合の影響も心配され、比田勝尚喜ひたかつなおき・対馬市長は「北朝鮮の核実験やテロの脅威にさらされる中、(装置の設置は)国による具体的な対策の第一歩だ」と話す。
2017年08月27日 10時29分    Copyright © The Yomiuri Shimbun