今日のニュース

気になったニュース

日本勢、金メダル計4個に…世界レスリング女子

f:id:obaco:20170825192759j:image
金メダルを手に笑顔で記念撮影する(左から)女子60キロ級の川井梨紗子、69キロ級の土性沙羅、48キロ級の須崎優衣(24日、パリで)=杉本昌大撮影

 【パリ=風間徹也】レスリングの世界選手権第4日は24日、パリで女子4階級が行われ、日本勢は3階級で金メダルを獲得した。

 48キロ級は高校3年の須崎優衣(18)(東京・安部学院高)が初出場で優勝。60キロ級の川井梨紗子(22)(ジャパンビバレッジ)、69キロ級の土性どしょう沙羅(22)(東新住建)はリオデジャネイロ五輪に続き、頂点に立った。今大会の日本女子の金メダルは23日に55キロ級を初制覇した奥野春菜(至学館大)と合わせて4個となった。

2017年08月25日 10時55分    Copyright © The Yomiuri Shimbun