今日のニュース

気になったニュース

ビッグベン、4年の沈黙へ…最後の鐘の音に歓声

f:id:obaco:20170822134545j:image

21日、ロンドンで、最後の鐘を鳴らすビッグベンを撮影する人々(AP)

 【ロンドン=森太】ロンドンの名所「ビッグベン」が21日正午(日本時間21日午後8時)、補修工事による4年間の休止を前に最後の鐘を鳴らした。

 ビッグベンは英議会議事堂の時計塔の鐘。正午を知らせる12回の鐘の音が響くと、大勢の観光客や議員から歓声と拍手がわき起こった。

 時計塔は、1859年に完成。毎正時に大きな鐘、15分ごとに小さな鐘が時を告げてきた。

 塔の大規模な補修工事に伴い、2021年まで鐘も止める。過去にも休止した期間はあったが、これほど長い「沈黙」は初めて。ただし、工事期間中も大みそかなど特別な時には鳴らされる。

2017年08月22日 13時23分    Copyright © The Yomiuri Shimbun