今日のニュース

気になったニュース

米駆逐艦とタンカー衝突 10人不明 マラッカ海峡

 f:id:obaco:20170821132829j:image

駆逐艦のジョン・S・マケイン=ロイター

 【ワシントン=永沢毅】米イージス駆逐艦「ジョン・S・マケイン」が日本時間21日午前6時24分ごろ、シンガポール沖のマラッカ海峡でタンカーと衝突した。米海軍によると、同艦の乗組員約330人のうち10人が行方不明で、5人がけがをした。米海兵隊などが捜索活動にあたっている。
 イージス駆逐艦は船尾左舷を損傷した。ただ自力航行は可能という。横須賀基地(神奈川県)を拠点とする第7艦隊に所属し、シンガポールに向かっていた。同艦隊所属の艦船を巡っては、6月に静岡県伊豆半島沖でイージス駆逐艦フィッツジェラルド」とコンテナ船との衝突事故が起きたばかり。同衝突では米兵7人が死亡し、艦長らが解任処分を受けた。

 ジョン・S・マケインはフィッツジェラルド同型艦。CNNによると今月上旬、「航行の自由」作戦に参加し、南シナ海を航行した。トランプ大統領はホワイトハウスで記者団に、衝突について「とても残念なことだ」と語った。

 船舶関連サイト「マリーン・トラフィック」によると、商船はリベリア船籍の石油タンカーで、けが人の有無や損傷状態は明らかになっていない。7月3日に韓国の港を出港し、8月21日にシンガポールに寄港する予定だった。シンガポール当局の発表によると、衝突が起きた海域では石油漏れは見られないという。シンガポールとマレーシア両国軍も救助活動に軍艦などを派遣した。

2017/8/21 13:21    日経新聞

 

 

駆逐艦がタンカーと衝突、10人不明 マラッカ海峡

f:id:obaco:20170821131821j:image

 シンガポール沖で21日午前5時24分ごろ(日本時間同日午前6時24分ごろ)、米誘導ミサイル駆逐艦「ジョン・S・マケイン」がリベリア船籍のタンカーと衝突した。米海軍によると、乗組員5人が負傷、10人が行方不明。シンガポール海軍の艦船やヘリコプターなどが捜索・救難活動にあたっている。駆逐艦は左舷に損傷を受けたが自力航行が可能だという。シンガポール政府によると、タンカーの乗組員にけがはなく、積んでいた石油が漏れたとの情報もないという。

 同駆逐艦は第7艦隊に所属し、横須賀基地を母港としている。今月10日には、南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島周辺で、中国が領有権を主張して軍事拠点化を進めていることを牽制(けんせい)するため、「航行の自由作戦」を行っている。

 第7艦隊では6月にも、イージス駆逐艦フィッツジェラルド」が静岡県伊豆半島沖でコンテナ貨物船と衝突し、乗組員7人が死亡する事故があった。(シンガポール=守真弓)

2017年8月21日12時44分    朝日新聞デジタル

 

 

米艦、タンカーと衝突10人不明…マラッカ海峡

f:id:obaco:20170821132009j:image

フィリピン海を航行するイージス駆逐艦「ジョン・S・マケイン」(2017年6月)=米海軍提供、ロイター

 【ワシントン=黒見周平】米海軍は20日、イージス駆逐艦ジョン・S・マケインが日本時間の21日午前6時24分頃、シンガポール沖のマラッカ海峡でタンカーと衝突事故を起こしたと発表した。

 乗組員10人が行方不明となり、5人が負傷した。現地当局が救難活動を行っているという。タンカーは、リベリア船籍とみられる。事故発生は日の出の約1時間半前だった。

 同艦は神奈川県の米海軍横須賀基地を拠点とする第7艦隊の所属。10日には、南シナ海スプラトリー諸島周辺海域で、軍事拠点化を進める中国をけん制するため、航行の自由作戦を行った。

 同艦は左舷後方に損傷を受けた。程度次第では、同艦が通常の作戦行動に復帰するまでに時間を要し、米海軍の北朝鮮対応などに支障が出る恐れもある。
2017年08月21日 12時33分    Copyright © The Yomiuri Shimbun