今日のニュース

気になったニュース

米韓が合同軍事演習 文氏、北朝鮮に挑発自制訴え

f:id:obaco:20170821131518j:image

韓国政府の閣議に臨む文在寅大統領(手前)(21日、ソウル)=聯合・共同)

 【ソウル=山田健一】米韓両軍は21日、朝鮮半島有事を想定した定例の指揮所演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」を開始した。図上のシミュレーション演習が中心で両軍の連携強化を目的に31日まで実施する。北朝鮮は有事を想定した訓練に「火に油を注ぐように情勢をさらに悪化させる」と反発し、今年は例年以上に米韓演習を注視している。米韓など関係国は武力挑発などの反応を警戒している。
 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日の閣議で演習に言及。北朝鮮に対し「平和を守るための韓国の努力をねじ曲げて(解釈して)はならない」と訴え、挑発を自制するよう求めた。

 韓国軍合同参謀本部の関係者によると、今年は韓国軍約5万人、米軍約1万7500人が参加する。米軍は昨年より約7500人減る。

 演習は非公開でコンピューターシミュレーションを中心に実施される。兵員や物資の輸送から戦闘行為まで実戦的なシナリオに基づいて米韓両軍の連携を確認する。北朝鮮が神経をとがらせる、金正恩キム・ジョンウン)委員長を標的とする「斬首作戦」が含まれているとの見方もある。

 北朝鮮は昨年、演習開始3日目に潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)1発を発射した。米韓など関係国は今年も演習期間中に北朝鮮が武力挑発をする可能性があるとみて警戒を強める。

 今年は米領グアム沖へのミサイル発射計画を公表後、正恩氏が「米国の行動をもう少し見守る」と発言。まずは演習を見極める構えとみられるが、演習実施を口実に弾道ミサイルの発射を強行する恐れもある。

2017/8/21 12:33    日経新聞