今日のニュース

気になったニュース

スペインテロ重要人物、列車爆破テロ犯と接触か

f:id:obaco:20170821130709j:image

20日、スペイン東部のフランスとの国境で通過車両を確認する警察官(AFP時事)

 【バルセロナ=作田総輝】スペイン東部バルセロナなどで起きた一連のテロで、警察当局が実行犯の若者らを扇動した重要人物とみているイスラム教のイマーム(導師)が、過去に服役していた刑務所内で、マドリード列車爆破テロを起こしたイスラム過激派メンバーと接触していた疑いがあることが分かった。

 スペインメディアが20日、当局筋の話として伝えた。

 モロッコ出身で40歳前後とされる導師は、バルセロナ南西の町アルカナールのアジトで起きた爆発で死亡した可能性があり、捜査当局は導師の自宅を捜索するなどして身元の確認を急いでいる。

 地元メディアによると、導師は薬物絡みの罪などで2012年まで服役した。欧州でここ数年頻発しているテロの実行犯は、刑務所内でイスラム過激思想に取り込まれたケースが多く、この導師も同様に刑務所内で感化された可能性が出ている。
2017年08月21日 11時46分    Copyright © The Yomiuri Shimbun