今日のニュース

気になったニュース

日本版GPS構築、「みちびき」3号機打ち上げ

f:id:obaco:20170819173522j:image

測位衛星「みちびき」3号機を搭載し打ち上げられるH2Aロケット35号機(19日午後2時29分、鹿児島県南種子町種子島宇宙センターで)=秋月正樹撮影
 日本版GPS(全地球測位システム)を構築する測位衛星「みちびき」3号機を載せたH2Aロケット35号機が19日午後2時29分、鹿児島県南種子町種子島宇宙センターから打ち上げられた。

 打ち上げ主体の三菱重工業などによると、3号機は約28分後に分離、予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。

 H2A35号機は、機体を正常に飛行させるためのヘリウムガスが漏れていることが明らかになり、部品の交換などで12日の打ち上げを19日に延期していた。

f:id:obaco:20170819173657j:image

測位衛星「みちびき」3号機を搭載し打ち上げられるH2Aロケット35号機(19日午後2時29分、鹿児島県南種子町種子島宇宙センターで)=秋月正樹撮影

 みちびきは、宇宙から電波を送って日本周辺の地上の位置を高精度で測るための衛星で、米国のGPSを補う役割を担う。GPSでは最大約10メートルある誤差を、専用の受信機との併用で6センチ以内まで小さくさせることができる。無人トラクターの耕作や小型無人機「ドローン」を使った荷物の配送など、この位置情報を利用した産業応用の実証実験も進められている。

 衛星を運用する内閣府は年内に4号機も打ち上げ、来年度から本格運用を始める計画だ。

2017年08月19日 15時01分    Copyright © The Yomiuri Shimbun