今日のニュース

気になったニュース

中央道で土砂崩れ事故、11人搬送し6人重軽傷

f:id:obaco:20170819014837j:image

大雨の影響で土砂崩れが発生して車が巻き込まれた中央自動車道の現場付近(18日午後11時51分、岐阜県瑞浪市で)=原田拓未撮影

 18日午後9時30分頃、岐阜県瑞浪市釜戸町の中央自動車道瑞浪インターチェンジ(IC)から恵那ICの間の上り線で、道路脇ののり面が崩れた。

 大雨の影響とみられ、県警高速隊によると、道路上に流入した土砂は最大で高さ約1・5メートル、幅約60メートルに及び、下り線の路面にも達した。

 県警高速隊の発表では、流れ込んだ土砂に車4台が巻き込まれ、11人が病院に搬送された。このうち女性(42)と男児(7)が重傷、4人が軽傷で、残る5人にけがはなかった。巻き込まれたのは通行中の乗用車3台とトラック1台。同区間は上下線で通行止めになっており、中日本高速道路によると、復旧のめどは立っていないという。

 大気の状態が非常に不安定となったため、岐阜・愛知県境付近では18日夜から局地的な大雨が降り、気象庁のレーダー解析では愛知県犬山市付近で1時間に約110ミリ、岐阜県可児市付近では同100ミリの猛烈な雨を観測。同庁は両県に「記録的短時間大雨情報」を出したほか、瑞浪市などには土砂災害警戒情報も出して警戒を呼びかけている。可児市は18日夜、150世帯390人に避難指示を出した。

2017年08月19日 07時52分    Copyright © The Yomiuri Shimbun