今日のニュース

気になったニュース

トランプ氏、二つの助言機関を解散 抗議の辞任相次ぎ

f:id:obaco:20170817101504j:image

トランプ大統領の発言に反発が広がる=ロイター

 トランプ米大統領は16日のツイートで、主要企業の首脳らでつくる二つの政策助言機関を解散する考えを明らかにした。トランプ氏の人種差別問題での対応への抗議として、辞任の申し出が相次いでいた。「雇用再生」を掲げるトランプ政権だが、米産業界との亀裂が鮮明となった。

 トランプ氏が解散を表明したのは、「政策戦略フォーラム」と「製造業評議会」の二つ。トランプ氏は同日午後、ツイッターで「経営者たちに圧力をかけるよりむしろ、私は両方とも解散する。みんなありがとう!」と表明した。

 米メディアによると、トランプ氏のツイートより前に、戦略フォーラムの会長を務める米投資会社ブラックストーン・グループのスティーブン・シュワルツマン最高経営責任者(CEO)が16日朝にメンバー同士で電話会議を開き、トランプ氏の発言を問題視して会合を解散する方針を決めた。もう一つの製造業評議会でも、同様の対応を検討していたという。

2017年8月17日09時06分    朝日新聞デジタル

 

トランプ氏、2助言組織を解散 企業首脳が相次ぎ辞任

 【ワシントン=川合智之】トランプ米大統領は16日、米大手企業の首脳らで構成する助言組織の、米製造業評議会と戦略・政策評議会を解散するとツイッターで表明した。南部バージニア州での白人至上主義団体と反対派の衝突を巡るトランプ氏の発言に抗議し、委員が相次いで辞任したことに伴う措置。トランプ氏が人種差別を明確に否定しなかったと受けとめられ、全米に反発が広がっている。
 両組織からは委員の離脱が続き、16日も米スリーエム(3M)のインゲ・チューリン会長兼最高経営責任者(CEO)らが製造業評議会からの辞任を表明した。トランプ氏はツイッターで「製造業評議会と戦略・政策評議会の委員に圧力をかけるくらいなら、両組織を解散する」と表明した。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、16日朝に戦略・政策評議会の委員が電話で協議した。複数の委員が解散しなければ辞任する意向を示したため、解散を決めたという。同評議会の議長を務める米投資会社ブラックストーン・グループのスティーブン・シュワルツマン会長兼CEOがトランプ氏に電話で解散を伝えたという。

 トランプ氏は15日の記者会見で、米バージニア州の衝突は「双方に非がある」と指摘した。白人至上主義者を擁護するとともに人種差別反対派にも非があると示唆したと受けとめられ、批判が再燃している。

2017/8/17 9:30    日経新聞