今日のニュース

気になったニュース

新幹線下り指定ほぼ満席 帰省ラッシュピーク

f:id:obaco:20170811193842j:image

帰省先に向かうため新幹線に乗り込む親子連れら(11日午後、JR東京駅)

 お盆休みの帰省ラッシュは11日、ピークを迎えた。ターミナル駅や空港はふるさとや行楽地へ向かう乗客でにぎわい、高速道路は60キロ以上の渋滞が発生。大きな土産を抱えた家族連れらは「おじいちゃんに会えるのが楽しみ」「家族でゆっくりしたい」と笑みをこぼしていた。
 JR東京駅の東海道新幹線のホームは早朝から列車を待つ乗客で混雑した。妻と2人の息子と兵庫県内の妻の実家に向かうという千葉県松戸市の銀行員、大塚昌彦さん(48)は「息子は最近急に大きくなったので、(祖父母を)びっくりさせちゃうかも」と笑顔。長男(12)は「おばあちゃんたちと花火をするのが楽しみ」とわくわくした様子だった。

 JR各社によると、11日は終日、東北・山形、上越、北陸などの各新幹線の下り指定席はほぼ満席。午前6時発の東京発博多行き「のぞみ1号」の自由席の乗車率は200%に達した。

 東海道新幹線は夕方、大雨のため三河安城―名古屋間が一時運行停止に。上下線で最大約40分の遅れが出たが、帰省ラッシュに大きな影響はなかったという。

 空の便は、11日に羽田空港を出発する国内線の予約率が日航全日空で97%を超えた。国際線は羽田空港から約2万6800人、成田空港から約5万7700人が出国した。

 高速道路も混雑が発生。日本道路交通情報センターによると、東名高速道路の下り吾妻山トンネル(神奈川県)付近で午前7時前、渋滞が65キロに達した。

 Uターンラッシュのピークは新幹線が15日、国内線は19、20日、高速道路は13~15日。帰国ラッシュのピークは羽田空港が17日、成田空港が20日の見込み。

2017/8/11 18:56    日経新聞